お知らせ > 2019-10 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2019-10-29 08:16:00

指導員の高橋です。

 

私は、個別療育で、絵本や紙芝居の読み聞かせをよく行っております。

絵本や紙芝居は、イメージの世界の芽生えを促し、豊かにしていきます。

 

皆様のご家庭でも、お子さんに絵本などの読み聞かせをよくされていらっしゃることと思います。

 

読んで聞かせてあげるだけで十分なのですが、読んだあとに、お子さんと一緒にお話をいろいろと振り返ってみるのも良いと思います。

 

私は、読んだあとに、登場人物(動物や乗り物などの場合もありますね。)の気持ちにふれたりします。

 

例えば、その場面を開いて、お子さんに対して、

 

「子どもたちがあまり乗ってくれなくなって、どんな気持ちかな?」

「みんなを助けることができて、どんな気持ちかな?」

 

と尋ねたりします。

 

絵本や紙芝居を通しても、気持ちというものに気付いていってもらえたらと思います。

 

 

ご家庭で絵本などの読み聞かせをされると、お子さんが、同じ絵本を何度も繰り返し読んでほしいと伝えてくることがあると思います。

 

その場合、時間の許す限り、何度も読んであげていただければと思います。

 

私は、自分の子どもが小さいころ、同じ絵本を何度も連続して「もう一回読んで」と言われて、五回位までは頑張って読んでいましたが、それを超えてくると、飛ばし読みをしたり、読むのを終わらせたりしていましたが、今になって、もっとたくさん読んであげればよかったなと思い、後悔しております。

 

子どもが小さい時はあっという間に過ぎてしまいますので、できるだけ読んであげていただければと思います。

 


2019-10-23 07:47:00

指導員の高橋です。

 

小さいお子さんにとって、力加減を、強くもなく弱くもなく、ちょうど良く調節するのは難しいものです。

 

両手で掴むことができるくらいの大きさのボールを両手で下から投げて、少し離れたところに置いた段ボール箱に入れる遊びや、輪投げ遊びなどを通して、楽しく、力加減の調節を育む活動をしています。

 

 

最近、私が個別療育で行っている遊び方を一つご紹介します。

 

両手で掴むことができるくらいの大きさのボールを両手で持って床に転がして、決められた円の中にボールを止めるという遊びです。

 

床にカラーテープなどを貼って描いた円の中にボールを止めるのは、ボールはコロコロ転がりますので、とっても難しいものです。

 

そこで私が考えましたのは、組み立て式のフラフープを用いる方法です。

 

8コをつないで出来上がるフラフープの2コを外します。

この外した2コの部分が、ボールの入口になります。

 

こうしますと、まず、ボールを転がして、入口からボールを入れるという面白さが加わります。

そして、フラフープで2cm弱くらいの段差ができますので、そこで、ある程度はボールが止まりやすくなります。

それでも、ボールの転がしが少し強いと、ボールがフラフープを乗り越えてしまいますので、小さいお子さんにとっては、ちょうど良い感じの難しさになります。

 

 

子どもたちは、ボールの転がしが強すぎてフラフープを乗り越えてしまったり、反対に、弱すぎてフラフープの中にボールが入らなかったり、フラフープの中でボールが止まるように自然と力加減を調節しながら、この遊びに楽しく取り組んでくれています!

 


2019-10-15 18:04:00

指導員の高橋です。

 

11月の予定をお伝えさせていただきます。

 

こどものひろば』を11月は今月10月と同じく、毎週木曜日の13:15~14:30に開催させていただきます。

お子さまと保護者の方に自由に遊んでいただく場としております。

スタッフも『こどものひろば』に出ていますので、ご心配なこと、お困りのことがございましたら、お気軽にお声がけいただければと思います。

 

スタッフ一同お待ちしております。

 


2019-10-08 17:58:00

指導員の高橋です。

 

私は、個別療育の中に、「無音ことば」と名付けた活動を取り入れております。

 

 

この活動のねらいは、

 

『相手に注目する力を高める。』

 

になります。

 

 

やり方としては、

 

お子さんに対して、「声を出さないでお話しするから、としさん(私のこと)の口を見て、何て言っているかあててね。」と伝えます。

 

例えばですが、「顔のどこかを言うね。」と伝えて、声を出さずに、【め】とか【みみ】とか【くち】とか話します。

この時、なかなか分からないようであれば、【くち】の場合、「く」は声を出して、「ち」は声を出さずに話したりもします。

 

 

この活動は、口の動きだけで何て言っているかをあてるのがねらいではありません。

 

『注目する』というのがねらいですが、声を出さずに口だけ動かすと、自然と、黙って私をじっと見てくれることが多いです!

 


1