日記 - 岡山市北区 児童発達支援事業所 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

日記

2024-05-22 14:11:00

『 宝さがし 』

保育士の中塚です。

 

5月18日(土)の「にじグループ」と「ほしグループ」で、

『 宝さがし 』

というプログラムを行いました。

 

活動のねらいは、友達と一緒に宝さがしを行い「見つけたい」という前向きな気持ちをもちながらも、友達の位置や様子を感じ取りながら行動する経験を積むことです。

 

お子さん達の好きなキラキラした宝石や、指輪、コインのカードを用意して新聞紙の中に隠しておきます。

そのカードを1人3枚見つけ出します。

 

73804433138__7B084347-CFD8-47A9-B18C-E73A4DF716EA.jpg

 

カードが1枚見つけられると、「あった!」と喜び何枚も探そうと一生懸命になりますが、そこで自然とお子さん同士で、「ここにはないよ。」「あっ、こっちにあった。」と会話が生まれます。

 

つい3枚ではなく、1人が4枚、5枚見つける場合もありますが、そういった時は、「1人3枚だったよね?お友達まだ探してるからどうしようか?」と聞き、本人が友達の気持ちを考える時間を作るようにしました。

すると自ら、「多いから返す」「お友達にあげる」と伝えてくれ、お互いで、「ありがとう」「どういたしまして」といったやり取りも出来ました。

本人の思いと、相手の思いが気持ちよくやり取りできるように、少し時間がかかるかもしれませんが、自ら考える事も大切にしています。

 

2回目は、自分たちで宝のカードを隠す事にも挑戦しました。

見つからない様、新聞紙の奥に入れたり、端の所に隠したりと、また違った楽しみ方も出来ました。

2024-05-15 15:13:00

『 ぐみ・ちょこ・ぱん 』

保育士の中塚です。

 

5月11日(土)の「にじグループ」で、

『 ぐみ、ちょこ、ぱん 』

というプログラムを行いました。

 

活動のねらいは、早い遅い、勝ち負けではなく、友達とのやり取りそのものを楽しいと思えるようになるです。

 

IMG_0042.jpg

 

この活動はじゃんけんをして、

「ぐー」で勝ったら、『ぐみ』(2文字分進む)

「ちょき」で勝ったら、『ちょこ』(3文字分進む)

「ぱー」で勝ったら、『ぱん』(2文字分進む)

というルールがあります。

 

じゃんけんのルールもありますが、文字の数通り進むといった2つのルールが混在する為、理解するのに時間かかる事もあります。

繰り返し取り組む事で、ルールに慣れて楽しめるようになります。

  

IMG_3245.JPG

 

その中でじゃんけんでの勝ち負け、早くゴールした、遅くゴールしたという場面になり、「くやしい」「負けた」といった気持ちになる事があります。

そういった時には都度その気持ちを受け止め、「くやしかったね、次は勝てるかも」「負けても大丈夫だよ、次があるから」と大人が気持ちを代弁したり、励ます事でイライラする気持ちにいかないよう、「次もやってみよう」「次は勝てるかも」といったポジティブな思いに繋がるよう心がけています。

 

今回の活動もにじグループでは涙が出る事なく取り組むことが出来ました。

2024-05-09 15:27:00

紙芝居

児童指導員の酒井です。

 

毎回、療育プログラムの最後には、保護者の方と活動の振り返りをする時間を設けていますが、その間、お子さんはスタッフと一緒に様々な遊びを楽しみながら過ごしています。

 

土曜日に行っている年中さんのグループ療育では、設定あそびとして紙芝居を取り入れています。

 

SNOW_20240502_152336_588.jpg

 

紙芝居は絵本とは少し違い、大きな画面に目一杯の絵が描かれていて、画面を抜き、差し込むという動作とともに物語が進んでいく様子に自然とわくわく感が高まります。
普段はあまり絵本に興味を示さない、集中が長続きしないというお子さんでも、紙芝居では物語の世界に入り込み、じっくりとお話を見聞きできることが多くあります。

 

グループ療育に参加しているお友達も、物語の場面や登場人物、キャラクターに共感して、「あ!◯◯だ!」「ぼく知ってるよ」「わたしも!」と、お友達同士の会話も盛り上がり、ことばときもちを交わしながら楽しんでいます。
読み手側からも、お子さんの目線や表情が真正面から見て取ることができ、相づちやアイコンタクトでコミュニケーションを図りながら読み進めていきます。

 

SNOW_20240502_151948_480.jpg

 

紙芝居の読み聞かせを通して、「興味・関心」「見聞きする力」「想像力」「共感力」などに働きかけながら、関わり合いの心地よさを感じてもらえるようにしています。

2023-10-09 07:59:00

としさん 〇× クイズ

指導員の高橋です。

 

正解と間違いがある『クイズ』は、好きなお子さんと好きではないお子さんがいらっしゃいます。

 

好きではないお子さんは、間違えることに対して不安が大きい傾向があります。

  

私の個人的な事柄について、クイズを出していきます。

例えば、

「としさんは、お家からここまで、自動車で来てるでしょうか?それとも、自転車で来てるでしょうか?」

「としさんは、子どもの時に、大きくなったらお医者さんになりたかったでしょうか?大工さんになりたかったでしょうか?」

などです。

お話だけだと分かりづらいので、絵や写真などの視覚情報も提示します。

 

普通のクイズとは異なり、イメージして、「としさんは、たぶんこっちかな??」「としさんは、何となくこっちかな??」という感じで答えることになります 。

 

このようなやり取りを通して、当たりはずれに関係なく、他者に応答する面白さを感じてもらっています! 

2023-10-06 07:21:00

これな~んだ?

指導員の高橋です。

 

絵や写真が、半分とか、一部分しか見えないと、自然と注目したくなります!

 

私が、絵や写真を、半分に折り曲げたり、丸い穴が開いた紙を上に重ねたり、全部が見えないようにしてお子さんに見せます。

そして、明るく楽し気に、「これな~んだ?」とお子さんに問い掛けます。

 

全部が見えないと「何だろう?」という想いが湧き、自然と注目してくれます!

 

お子さんが答えたら、「おっ、そうかな?見てみる?」などと応答しながら、ゆっくりと全部見えるようにしていきます。

そして、全部が見えたら、「ピンポーン、よくわかったね!」「どこでわかったの?」などと声掛けをします。

 

お子さんは、「あたった!」という想いから、とても笑顔になってくれます!

 

お子さんと私の二人で、楽しくやり取りをしながら、注目すること、他者と応答することの面白さを感じてもらうようにしています! 

1 2 3 4 5 6