お知らせ > 2019-08 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2019-08-30 19:27:00

こんにちは。

言語聴覚士の一平さんです。

 

今日は復唱についてです。

復唱とは声を真似して繰り返すことです。

言語発達において、音声模倣や復唱は発達過程でよくみられます。

オウム返しもその一つですね。

 

復唱の特徴は、「話す(アウトプット)」だけでなく「聞く(インプット)」力が必要となるのです。

例えば仕事で、商品の注文が電話で入ったとします。

 

お客さん「商品番号14782を1つお願いします。」

お店「商品番号14782が1つですね。かしこまりました。」

 

このような場合に、復唱で確認しますよね。

復唱では耳で聞いた言葉を記憶し、それを声に出して言うのです。

大人になると意識せずにできることも、お子さんにとっては難しいのです。

 

そんな「聞く」力は練習により伸ばすことができます。

療育でも様々な教材を用いて、呈示方法を工夫し、「聞く」練習をしています。

 

言語発達において、私たちは話す・書く等のアウトプットに意識が向きやすいですが、お友達や先生との双方向のコミュニケーション場面において、「聞く」力はとても大切です。

 


2019-08-27 18:32:00

指導員の高橋です。

 

皆さんご存知の通り、ゆっくりと深い呼吸は、気持ちを落ち着かせる効果があります。

 

しかしながら、深呼吸をしている様子の絵カードを見せたり、実際にやって見せて手本を示しても、小さいお子さんにとっては、深呼吸を理解することは難しいものです。

 

 

一つの方法として

 

お子さんに、その子が好きな生き物になったつもりになってもらい、

その生き物がお昼寝をしている真似をしてもらいます。

 

お子さんによって、好きな生き物は、犬や猫、ライオンや象、虫、恐竜などいろいろだと思います。

できれば、その生き物が仰向けに寝転がっている写真や絵があると、よりイメージし易いでしょう。

 

そして、お腹の上に、例えばですが、キャラクターのぬいぐるみなどを置いてあげます。

 

すると、ぬいぐるみは、呼吸に応じて自然と、お腹の上で上がったり下がったりします。

 

上がったり下がったりするのを見てもらいながら、「眠いね。。。」などとゆったりと声掛けをしていくと、だんだんと自然に、ゆっくりとした深い呼吸になっていきます。

 

このような方法で、ゆっくりとした深い呼吸を体感してもらえればと思います。

 


2019-08-23 18:02:00

言語聴覚士の一平さんです。
皆さんは「読む」と言えばどんなイメージですか?
声に出して文字を読む、声に出さずに文字を読む…
今回は2つの「読む」についてです。

 

 

音読
小学生が宿題で本読みをするときは声を出しますよね。
「読む」の基本となるのが音読です。
きちんと読めているか、自分の声で聴覚的にフィードバック(読めているか確認ができる)されるので、読み間違いを自分で気づきやすいという特徴があります。
言語野を司る、脳の左半球が大きく関与しています。

 

黙読
大人が新聞を読むとき、学生がテスト中に問題文を読むとき等はこれにあたります。
ほとんどの大人は、文字を声に出さず自然に読めますが、お子さんにとって難易度は高めです。
音読と違い、音声のフィードバックがない分誤りに気が付きにくいのです。
物の形や空間認知を司る脳の右半球が大きく関与しています。

 

 

音読は得意だけど黙読は苦手なお子さんが多いように感じます。
このことから、耳からの情報って本当に重要なんだなぁと思います。
まずは音読から楽しくできるようになればいいですね。
今は苦手でも、徐々に黙読につながればいいのではないでしょうか。


2019-08-20 17:29:00

指導員の高橋です。

 

9月の予定をお伝えさせていただきます。

 

こどものひろば』を9月は今月8月と同じく、毎週木曜日の13:15~14:30に開催させていただきます。

 

お子さまと保護者の方に自由に遊んでいただく場としております。

スタッフも『こどものひろば』に出ていますので、ご心配なこと、お困りのことがございましたら、お気軽にお声がけいただければと思います。

 

スタッフ一同お待ちしております。

 


2019-08-09 15:42:00

言語聴覚士の一平さんです。
担当のグループ療育では課題に入る前に


「今日は何の日?」


と、子どもたちと雑談をします。


最近だと…


6月10日 → 時の記念日
7月11日 → セブンイレブンの日
8月1日 → パイン(パイナップル)の日


等がありました。
私自身子どもたちと記念日についてお話を始めて、たくさんの記念日があることを知りました。
そして先日、忘れてはいけない戦争のお話もしました。
戦争でたくさんの人、子どもや赤ちゃんも亡くなったこと。


周囲からは戦争経験者が少なくなっていきます。
残された私たちが子どもたちに伝えられることは何なのか?
いろいろ考えましたが、私からはシンプルに


「ケンカをしても『ごめんね』が言える人になろう」


というお話をしました。
そして私自身も「ごめんね」が言えているかな?
と自省する機会になりました。

 


1 2