お知らせ > 2019-09 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2019-09-30 13:49:00

指導員の高橋です。

 

私は、個別療育の中に、「じゃんけん で 足ひらき」と名付けた活動を取り入れております。

 

 

用意するものは、

 

〇足形のマーク

(両足タイプのマークではなく、片足タイプのマークで、お子さんと私が向かい合って行いますので、右足タイプと左足タイプのマークを一枚ずつ。)

〇大きめの丸シール

(床に貼ったり剥がしたりするので、剥がしやすいように、丸シールの1/3位に付箋紙をつけておく。)

 

になります。

 

 

やり方ですが、

 

〇まず、お子さんと私が向かい合って立ち、お互いの軸足を右足にするか左足にするか決めて、上記の足形のマークを床の上におき、その上に足を乗せます。

(この時、お子さんの軸足が右足の場合は、向かい合って立っていますので、私の軸足は左足になります。)

〇そして、もう片方の足を揃えて、両足を閉じて立ちます。

(気をつけの姿勢です。)

〇次に、軸足ではない、もう片方の足の外側(小指側)すぐのところに丸シールを貼ります。

 

これで準備は完了で、

進め方とルールは、

 

〇じゃんけんをして、負けたら

〇軸足ではない、もう片方の足を、足幅の分だけ開きます。

(つまり、上記で貼った丸シールが足の内側(親指側)にくるように、丸シールを跨いで足を開きます。)

〇足を開いたら、足の内側にきている丸シールを剥がし、足の外側に貼ります。

(文章にすると何か難しそうな感じがしますが、単純に、丸シールは足を足幅分だけ開くための印になります。)

(なお、丸シールを剥がしたり貼ったりするのは、お子さんの分も私がやるようにしています。)

〇そして、じゃんけんに負けて、足がだんだん開いていき、もう足を開くことができなかったり、手を床についたりしたら負けになります。

 

 

ねらいとしては、

 

・約束事やルールを理解する力を高める。

・ゲームを通して、他者との楽しいやり取りの体験を積む。

 

になります。

 


2019-09-25 06:57:00

指導員の高橋です。

 

10月の予定をお伝えさせていただきます。

 

こどものひろば』を10月は今月9月と同じく、毎週木曜日の13:15~14:30に開催させていただきます。

お子さまと保護者の方に自由に遊んでいただく場としております。

スタッフも『こどものひろば』に出ていますので、ご心配なこと、お困りのことがございましたら、お気軽にお声がけいただければと思います。

 

スタッフ一同お待ちしております。


2019-09-20 15:31:00

こんにちは。
言語聴覚士の一平さんです。

 

今回は、成功体験についてです。
興味があって楽しそうな課題には取り組み良好だけど、興味が薄く楽しくなさそうな活動に関しては、離席したり怒ったりと取り組み不良になるお子さんについてです。

 

「苦手なことに、もう少し我慢して取り組んでくれればいいな…」

 

とは思っても、なかなか簡単ではありません。
このようなお子さんは、怒られたり注意されたりしやすい傾向にあります。
その結果、自己評価が低くなりやすく、不登校やひきこもり、非行等につながる場合があるのです。
それを未然に防ぐためには、何らかの方法で成功体験を積み重ねる必要があります。

 

では、どうすれば成功体験を積めるのか?
普段の何気ない行動を成功体験にするのはどうでしょう。
例えば、

 

「駐車場まで手をつなごう」
「汗をかいたら水を飲もう」
「教室についたらまず靴を脱ごう」
「外は暑いから帽子をかぶろう」

 

等々…
お家では、

 

「手を洗ってから〇〇しよう」
「〇〇を食べてからテレビみよう」
「〇〇できたらDSしてもいいよ」
「スマホゲームは10分でおしまいにしよう」

 

等と守れそうな約束をたくさんクリアしていきます。
工夫次第で、いくらでも成功体験ができそうです。
そして、忘れてはいけないのが褒めることです。

 

「ちゃんと手をつなげたよ!」
「きれいに手が洗えたね!」
「〇〇食べれたからテレビが見れるね!」

 

のような感じです。
お子さんにとっては、褒められて初めて成功体験になります。
大人側が関わりを工夫することで、お子さんが成功体験を積み重ねられれば素晴らしいですね。

 


2019-09-18 08:01:00

指導員の高橋です。

 

私は、個別療育の中に、「スキンシップアクロ」と名付けた活動を取り入れております。

 

どういうものかというと、お子さんと私の二人で行う、安全な組体操のようなものになります。

 

 

例えばですが、

 

私が仰向けに寝っ転がります。

そして、私の身体の上に、うつ伏せでお子さんに寝てもらいます。

このとき、私の足の方にお子さんの頭、私の頭の方にお子さんの足がくるように寝てもらいます。

そして、お子さんに手を床について自分の上半身を持ち上げてもらいます。

私はお子さんの足首を持って、お子さんの足を持ち上げます。

そして、お子さんに「おしりをあげて!」と声掛けします。

すると、お子さんの身体全体が持ち上がり、ピンと一直線になります。

このポーズをきめた状態で5秒いっしょに数えます。

 

 

「スキンシップアクロ」のねらいは、

 

・二人で組んでポーズを作って動くことで、楽しみながら絆を深める。

・協力し合うことの喜びを感じる。

・身体動作の調節を意識する。

 

になります。

 

 

お子さんと私の二人で、楽しく取り組んでおります!

 


2019-09-13 17:49:00

こんにちは。
言語聴覚士の一平さんです。
ずっとデスクワークをしていると、とても疲れますよね。
それはお子さんも一緒です。
お子さんによっては療育の中で運動遊びも行います。
今回は、とてもシンプルなジャンプ遊びをご紹介します。

 


手前の足型はスタート、奥はゴールです。
赤い丸を両足ジャンプで飛んでいきます。

 

 
途中で赤い丸が2つに分かれます。
パーの足ができるでしょうか?

 


パーをイメージしにくいお子さんには、これを使用します。
足を上手に開くことができました。


何れも、療育者が「ぴょんぴょん」といいながら見本を見せるのがポイントです。
お子さんはその見本を見て真似をしてみます。
これを動作模倣といいます。
動作模倣は身体運動に限らず、高度なものになると鉛筆を使った書字や箸の操作など、日常生活動作を獲得する基礎となります。
単純なものから複雑なものまで、様々な動作模倣に挑戦しましょう。


1 2