お知らせ > 2017-05 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2017-05-11 21:26:00

内装のレイアウトや仕様がようやく決まりました!
考えに考え続けまして、二転三転という言葉がありますが、自分の頭の中では二十転二十一転ぐらい考えました。

モデル事業所としている関東地区の法人の方、有資格者の方々、地元の建設会社の方、私が以前見学にお伺いさせていただきました各地の事業所の方々、児童発達支援事業所の内装工事の実績が豊富な会社の方など、本当にたくさんのアドバイスをいただきました。
アドバイスをいただきました方々にあらためましてお礼申し上げます。

自分の中で、これにしようと確定しては変更し、また確定しては変更し、それを何度も何度も繰り返しまして、最終的には、「シンプルイズベスト」という言葉がありますが、シンプルなレイアウトにしました。

 玄関を入ってすぐ左側がスタッフルームで、右側が給湯室とトイレになります。
その先が、住宅で言うとリビングのようなくつろぎの場所があり、グループ療育の際は保護者の方々にはこちらからマジックミラー越しに療育の状況を見守っていただくことができます。
その隣に個室の相談室があります。
そして、一番奥に、約30㎡の部屋がありまして、個別療育を行う際はタイヤ付きの移動パーテーションで2~3つに仕切って使用し、グループ療育や音楽と色彩の療育の際はこの部屋を広く使います。

完成しましたらまたご報告させていただきます。


1