お知らせ - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2020-03-31 09:29:00

指導員の高橋です。

 

先日、就学や就園、お引っ越しなどにともない、この3月でご利用を終了されるお子さんが十数名ほどいらっしゃる旨をお伝えさせていただきました。

 

そして、春は、新しい出会いの時期でもあり、4月から、新たに通い始めていただくお子さんたちがいらっしゃいます。

 

人と関わること、コミュニケーションをとることは、「楽しい!」「おもしろい!」と思っていただけるように、一歩ずつ、共に歩んでいきたいと思っております。

 

よろしくお願いいたします!

 


2020-03-26 17:59:00

こんにちは。

言語聴覚士の一平さんです。

 

先日は、担当している集団療育の最終日でした。

みんな年長なので、4月からは小学校です。

 

はぐくみでの最終日の療育は、絵日記のような作文と作画でした。

 

「はぐくみで何をしたのが楽しかった?」

「う~ん、迷路遊びかな?」

「じゃ、それを書いてみよう!」

 

最後には、部屋の外で待機してくださっていた保護者の方にも入室していただき、発表会風にしました。

 

みんなの前で緊張もあったけど、かっこよく発表できていたよ!

その調子で小学校でも頑張ってね!

いつまでも応援しています。


2020-03-24 18:59:00

指導員の高橋です。

 

春は、お別れと新しい出会いの時期ですが、当教室でも、就学や就園、お引っ越しなどにともない、この3月でご利用を終了されるお子さんが十数名ほどいらっしゃいます。

 

人との関わり、出来ること、新しいことへの対応、等々、お子さん一人ひとり成長し、共に歩んできた月日を思い返しますと、胸が熱くなります。

 

そして、供に通っていただきました保護者の皆様のお子さんを想うそのお気持ち、胸に響きます。

 

お子さんたちとの日々の歩み、そして、成長していく姿は、私に生きる力を与えてくれました。

みんな、本当に「ありがとう」

 


2020-03-17 08:59:00

こんにちは。
指導員のみちこさんです。


先日のことになりますが、年長児グループの療育の後に昨年度の元ご利用者の方を招待して保護者茶話会が行われました。

 

 


ほぼ一年ぶりに来室された元ご利用者の保護者の方と小学校生活の様子やグループ療育の様子を数々のエピソードを和やかに振り返っておられ、思い出話がつきませんでした。就学前の保護者の方々からは、小学校入学後の学習面や友達との関わりについての質問や、小学校生活が始まる前にしておいた方がよいことなど多くの質問が出ました。卒業生の保護者の方は、この一年間の経験を基に「うちの子ならではだけど………」と、前置きをされつつ、ユーモアを交えて小学校生活の様子を語ってくださいました。また、入学前に背負ったことがない「ランドセルを背負って通学路を歩く練習」をしておいた方がいいとの熱心なアドバイスがありました。なぜなら、子ども自身でどれくらいの荷物を持って歩いていくことができるのか経験しておかないと分からないからだそうです。この先、自分の力で歩いて通う道程の見通しをつけるためにも大切な練習ですね。


一年間、色々な経験を一つ一つ積み重ねた子ども達の成長を、お互いに確認し、語り合う充実した時間を過ごすことができました。参加していただきました保護者の皆様ありがとうございました。

 


2020-03-14 00:06:00

指導員の高橋です。

 

2019年度分の事業所の自己評価を公表させていただきましたので、下記よりご覧ください。

 

 

事業所における自己評価結果(公表)2019年度(2020年3月13日公表)

 

保護者等からの事業所評価の集計結果(公表)2019年度(2020年3月13日公表)

 

 

保護者の方々からのご意見を踏まえた対応、及び、課題を踏まえた改善に努めて参りたいと考えております。

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...