お知らせ - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2020-01-18 12:22:00

こんにちは。
言語聴覚士の一平さんです。
今回は、子どもの行動を分析しようというお話です。


普段私たちが行っている療育の土台となる考え方は行動療法といいます。
行動療法では子どもたちの行いは、「行動のABC」の繰り返しで行われているとされています。
行動のABCは、


A(antecedent)先行状況
B(behavior)行動
C(consequence)結果


になります。
例えば、


A静かな環境→B集中して勉強を頑張る→Cほめられる
A賑やかな環境→B集中できず遊んでしまう→C怒られる


ような感じです。
上記のようにAの先行状況を調整すればBの問題行動が減少しそうだというのは分かりやすいですね。
しかし、Cの結果を変えることでもBの問題行動を減少させることも可能なのです。
え、どうやって結果を変えればいいの?と思われるかもしれません。
それは、大人側が少し視点を変えて子どもに注目することです。


具体的には、


できた部分をほめる
頑張れたことを認める
笑顔をかえす


のように、肯定的な結果を与えることです。
皆さんはできていますか?
お話を聞いていると、否定的な結果を与えている方が多い印象です。


できてないところを指摘する。
すぐ怒る
(あってはならないですが)叩く


等の否定的な結果のみを与え続けていませんか?
ドキッとした方は、上記のように否定したくなった時にグッとこらえるようにしてみましょう。
そして、なるべく肯定的な結果を与えるようにして、お子さんの問題行動の減少を目指せればいいですね。


2020-01-14 07:50:00

昨年12月28日に、4歳~5歳児のグループ療育で、「レゴブロックづくり」を行いました。

 

『友だちと協力して作ることができる。』が、この時のねらいでした。

 


友だち同士で相談して何を作るか決め、作っている様子をお互いによく見合ったり、合体させたりしながら、一生懸命に取り組んでいました!!


2020-01-10 12:03:00

こんにちは。
言語聴覚士の一平さんです。
今回は、吃音についてです。
吃音の様々なケースを以下に記します。


①「ぼ、ぼ、ぼ、ぼくは…」のような、音の繰り返し(語頭音に多い)  
②「ぼーーーーーーくは…」のような、音の引き延ばし
③「……………ぼ、ぼくは」のような、始まりの音の言いにくさ
④「ぼ…………○○くんは」のように、言いにくい言葉を別の言葉に言い換える
⑤「…………き……………」のように、言おうとしたが発話を中止する


吃音といえば、①のように音の繰り返しをイメージする方が多いと思いますが、それだけではありません。
症状は人によって様々です。


幼児期の吃音は自然治癒する場合が多いため様子を見ることは大切です。
しかし適切な支援をするには、様子を見るだけでは不十分です。
周囲の人々がどのように関わればいいか、どのように環境を調整すればお子さんが過ごしやすいかを考え、実践する必要があります。


支援や環境調整の一例ですが


一日の中でお子さんと対話の時間を持つようにする
意識して普段よりゆっくり話す
話し方より話の内容に注目をする
幼稚園保育園の先生方に吃音について理解をしてもらう
場合によっては園の子どもたちにも理解を求める(わざと吃っているわけではない、真似してはいけない等)


のような感じです。
ご心配が少しでもある方は、一度ご相談ください。


2020-01-03 15:14:00

指導員の高橋です。

 

新年あけましておめでとうございます。

 

「きもちとことばのはぐくみ教室」を3年前の9月に開設させていただき、本年は4年目を迎える年となります。

 

昨年の新年のご挨拶でも書かせていただきましたが、私がとても大切にしている言葉があります。

 

「療育者として大切なことは、自分自身のこころを鍛錬し、身の丈で、静かな情熱を持ち続け、誠実に応えていく努力を惜しまず、喜びとすることができること。」

 

この言葉は、事業所の立ち上げをしている時に出会いました、長きにわたって療育に携わられてきた方からいただいた言葉になります。

 

この言葉を胸に、今後も一歩一歩、歩んで参りたいと思っております。

 

皆様、本年もよろしくお願い致します。

 


2019-12-31 13:13:00

指導員の高橋です。

 

本年も、ご利用いただいております皆様、行政および関係機関の方々、地域住民の方々、スタッフの皆に大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。

 

早期療育を目指して、一昨年3月に法人を設立、同年9月に事業所を開設させていただきましたが、本当にたくさんの皆様から多大なご支援をいただきまして、本年、おかげさまで開設3年目を迎えることができました。

 

至らぬ私ですが、皆様の温かいお力によって人と人との繋がりとなり、その繋がりが少しずつ長くなってきており、お世話になりました皆様にあらためまして厚く御礼申し上げます。

 

来年も一日一日を大切に歩んでいきたいと思っております。

皆様良いお年をお迎えください。

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...