お知らせ > 2018-01 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2018-01-30 14:44:00

こんにちは。

言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

最近、私の担当で数概念の獲得を目指すお子さまが増えてきました。

数概念の獲得って難しい言葉ですが、簡単に言いますと数を自由に使いこなす能力のことです。

 

 

①数字

目で見ることができる「1,2,3…」を数字と言います。馴染みがありますね。

 

②数詞

耳で聞いたり、声に出して言う「いち、に、さん…」を数詞といいます。

 

③指表示

人差し指を1本たてると「いち」、ピースサインの2本すると「に」、さらに1本増やすと「さん」を意味します。

 

④事物

例えば、お友達が1人2人3人…、りんごの1個2個3個…、車の1台2台3台…など、事物の数についての理解です。

 

これらが組み合わさって数の概念が完成します。

 

 

「うちの子、1から10までは分かっているんです」と保護者の方からお聞きしたら、①~④を様々な方法でチェックします。
例えば数字の“3”が書かれたカードを私が呈示し「読めるかな?」とお子さまに尋ねますと、①の数字から②の数詞への変換が可能かチェックすることができます。
異なる数字の書かれたカードを数枚呈示し、「“さん”はどれか指さしてみて?」と尋ねますと、②の数詞から①の数字への変換が可能かチェックすることができます。

 

数字は得意だけど数詞は苦手だったり、指表示はできるけど数字や数詞はまだあやふや…などお子さまによって状態は様々です。

 

でも大丈夫!
ゆっくりじっくり自分のペースで理解していけばいいんです!!
はぐくみのスタッフはみんなの味方!!!
一人ひとり楽しく数概念を理解できるよう、教材や教示方法を工夫いたします。
一緒に頑張りましょう。

 

今日は少し難しいお話でしたm(__)m


2018-01-26 13:15:00

2月の予定をお伝えさせていただきます。

 

こどものひろば』を2月は今月1月と同じく、毎週水曜日と土曜日の14:00~15:15に開催させていただきます。

 

* 2/10(土)・2/14(水)・2/17(土)の「こどものひろば」はお休みとさせていただきます。 *

 

(詳細は下記をご覧ください。)

 

 

お子さまと保護者の方に自由に遊んでいただく場としております。

スタッフも『こどものひろば』に出ていますので、ご心配なこと、お困りのことがございましたら、お気軽にお声がけいただければと思います。

 

 

音と色の療育体験会」につきましても、音楽療法による療育を体験いただける場としてとても好評をいただいておりますので、2月も継続させていただきます。

スタッフ一同お待ちしております。

 


2018-01-23 10:36:00

こんにちは。

言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

関東地方は雪で生活に影響が多く出ている様子です。

昨日は岡山県南部でも雪がちらついていました。

暖かい日が待ち遠しいですね。

 

当教室でもインフルエンザや体調不良でお休みのお子さまが増えています。
本当にお大事になさってください。
私たちにできることは…

 

定期的なおもちゃの除菌・消毒

 

気化式加湿器による加湿(蒸気が熱くないので触っても安全です)

 

温度・湿度のこまめなチェック(この写真は室温が低いですね…)

 

待合室の消毒液もご自由にお使いください!

 

このように環境を整えております。
もちろん療育の準備もしっかり行いますよ。
元気に教室でお会いしましょう。


2018-01-19 16:29:00

法人代表の高橋です。

 

先日、個別療育での「なぞなぞ」のプログラムについてお伝えしましたが、本日は、こちらも主に年中・年長さんの個別療育で取り入れている「質問くじ」というプログラムについてお伝えさせていただきます。

 

「質問くじ」とは、分かり易く言いますと、インタビューのような内容のいろいろな質問を書いたくじをたくさんつくり、箱に入れて順に(個別療育ではお子さま→私→お子さまの順で)くじをひいてその書かれている質問に答えてもらい、また、理由を尋ねたり、追加の質問をしたりしながら会話のやり取りの練習を行うというものになります。

 

「質問くじ」の内容は、

例えば、

『すきなどうぶつはなんですか?』

『きょうのあさ、いちばんはじめにあったひとはだれですか?』

などになります。

 

質問が書かれたくじを引くことにわくわくしてもらい、自分のことを答えて会話のやり取りをすることを楽しい!と感じてもらえたらと思っています。

 

また、私の答えにも興味をもってもらうことも大切にしています。

 

楽しくやりとりしながら、自分のことを人に伝えたり、相手のことを知ることを喜びとして感じる経験を積んでもらえたらと思っています。

 


2018-01-16 14:07:00

こんにちは。

言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

1人では難しいことでも、みんなで力を合わせればできる!

…ということを、日々の療育の中で子どもたちから教わっています。

今回は、私たち職員が力を合わせてつくりました。

 


紙芝居の舞台です。
なんとレースのカーテンもついています。
今後の療育で登場するかもしれません。
どんな内容?
それはお楽しみに!

 


1 2 3