お知らせ > 2017-10 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2017-10-31 18:56:00

こんにちは!

言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

10月も最終日になりました。
そして一気に寒くなりました。
皆様、体調にはお気を付けください。

 

さて、表題の「見える部分と見えない部分」についてです。

来室されるご家族から、

 

「発話が少ないんです。」

「発音がよくないんです。」

「不器用なんです。」

「集中できないんです。」

 

などと多くの相談をいただきます。

これは「見える部分」です。

一度一緒に遊ぶだけで見える部分もあるでしょう。

 

では、発話が少ない子どもたちに「〇〇って言ってごらん」と促せば発話は増えるでしょうか?

答えはNOです。

なぜ発話が少ないか原因を探ることが重要になります。

 

情緒面の影響?

認知面のアンバランスさ?

器質的な問題?

理解面の遅れに起因?

聴覚障害?

 

原因はいろいろありますが、それらが複雑に合わさっていることが多いのです。

しかも、これらの原因は「目に見えない」ことが多いので様々な角度から検討する必要があります。

私たち療育者は、「目に見えない部分」を適切に評価し、個々に合った療育を行うことで成果が上がると考えています。

 

例えば発話の少ないAちゃんは、ご家族の話・遊びの様子・発達検査などから、言語表出面だけでなく言語理解面でも遅れがあり、気が散りやすく、目で見るより耳で聞くことが苦手だと分かりました。

コミュニケーション場面では集中できる環境を整え、さらに音声に視覚情報(絵や文字)をプラスすることで、理解力が伸び発話につながるかもしれません。

 

これは一例であり一人ひとり状態は違いますが、適切な評価から「見えない部分」を知ることがとても大切だとお分かりいただけると思います。

そのために、ご家族にはお子さまの家や園での様子を教えていただくことが重要となってきます。

たくさん話を聞かせてください。

 

「こどものひろば」は11月も元気に開催いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。

教室を暖かくして、スタッフ一同心よりお待ちしております。


2017-10-28 15:05:00

そろそろ『こたつ』を準備しようかと考えている児童発達支援管理責任者です。

 

 

個別療育が始まりたくさんの気付きをいただいております。

その中で私が大切にしていきたいことの一つが『イメージの世界』です。

 

 

りすさんとねずみさんがあそんでいました。

そこに、とらさんがやってきていいました。

「りすさん、ねずみさんいっしょにあそぼう!」

りすさんとねずみさんはこまった様子です。

「とらさんはすぐおこるからいやだよ」

りすさんがいいました…

 

 

例えば、お子さまが上記のようなストーリーをいきなり耳から聞くだけではなかなかイメージしにくいのではないでしょうか?

 


写真のような手袋シアターがあればどうでしょうか?

 

「あれ?なにかうごいている、、、」と

まずは動物に注目してもらう。

 

そして歌を交えながら楽しい雰囲気の中で、

りす、ねずみ、とらの様子を場面に合わせて動かすなど、

こちらが工夫してお子さまに興味を持ってもらえるように働きかけをしていくことで、

イメージの世界の芽生えを促していきます。

 

ストーリー自体を理解することはまだまだ難しいことです。

 

ペープサートやパネルシアター、絵本、紙芝居など、たくさんの楽しい教材に触れていただきながら、芽生えてきたお子さまのイメージの世界を大切にし、ゆっくり、じっくり取り組みたいと思います。


2017-10-26 19:41:00

法人代表の高橋です。

 

今日は、新しく作成しました、<向きの「同じ」>というワークをご紹介させていただきます。

このワークは、

「シートの左端に1つの図形が描かれており、その右横に描かれた、いろいろな向きの図形の中から左端の図形と同じ向きのものを選ぶようにする。」

というものになります。

 

ねらいは、

『文字学習のための視覚-運動のスキルを高める。』

ことです。

 

いろいろな記号を用いて作成していますが、お子さまに意欲的に取り組んでいただけるよう、上記のようなキャラクターを使ったものも作成していますので、楽しみにしていてください!

 

 


2017-10-24 22:17:00

こんにちは!

言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

先週の土曜日は、雨の中4組のご家族が「こどものひろば」にお越しくださいました。

本当にありがとうございます。

先日ご紹介させていただいたリビング岡山を見てお越しいただいたり、ホームページやブログを見ていただいたり…。

きっかけはそれぞれ違いますが、お会いできたご縁を大切にしたいものです。

 

さて、今回は教室の雰囲気を体験していただける「こどものひろば」をご紹介します。

 

みんな大好き「ままごと遊びコーナー」

 

男の子の人気者「ミニカー・電車遊びコーナー」

 

「ブロック遊びコーナー」

 

「ボールプール」

 

コロコロカラカラ動きが面白い「おもちゃコーナー」

 

教室の真ん中には「くねくね平均台」

 

「こどものひろば」を時計回りにまわってみました。
スタッフが常におりますので、保護者の方は困りごとを是非お聞かせください。
子どもたちは、お気に入りの遊びを見つけてね。
10月・11月の「こどもにひろば」の開催日は前回のブログやホームページに掲載されております。

ぜひ一度遊びにお越しください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。


2017-10-21 10:26:00

来月開催される『おかやまマラソン』を心待ちにしている児童発達支援管理責任者です。

 

 

「物には名前があるんだ」と気付きかけてくると、素材や形が違ってもその物の名前が分かるということが大切になってきます。


 


 フェルトや不織布など様々な素材や大きさなど形が違う物品です。

 

 

 

 

例えば上の写真は何でしょうか?

 

 

正解です。

すべて“ぶどう”です。

 

実物でもミニチュアでも絵カードでもモノクロでも写真でもすべて“ぶどう”と分かることが名詞理解を確実にしていくことです。

 

 

まずは身近な名詞の理解を確実にしていき、次は身近でない物の名前の理解。それから次のステップに。

というようにスモールステップで楽しい療育を心掛けています。

 

 

 

『きもちとことばのはぐくみ教室』では、教室の雰囲気を感じていただいたり、お子さまと保護者の方に自由に遊んでいただくことができる『こどものひろば』を開催しております。

スタッフも出ておりますので、ご心配なこと、お困りのことがございましたら、お気軽にお声がけいただければと思います。

スタッフ一同お待ちしておりますので是非一度遊びにお越し下さい。

 


1 2 3