お知らせ > 2018-04 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2018-04-28 08:09:00

5月の予定をお伝えさせていただきます。

 

こどものひろば』を5月は今月4月と同じく、毎週木曜日の14:00~15:15に開催させていただきます。

kodomonohiroba.jpg

お子さまと保護者の方に自由に遊んでいただく場としております。

スタッフも『こどものひろば』に出ていますので、ご心配なこと、お困りのことがございましたら、お気軽にお声がけいただければと思います。

 

スタッフ一同お待ちしております。


2018-04-24 17:08:00

こんにちは。

言語聴覚士のいっぺいさんです。
春の訪れとともに、当教室も通ってくださるご家族も増えてきました。
スタッフ一同力を合わせ、お子さまひとりひとりに合った療育を継続してまいります。

 

 


さて、これはいったい何でしょう?

 

正解は大きなこいのぼりです。
次回の「音と色の療育」で登場する予定です。
こいのぼりの隣にある動物図鑑がとっても小さく見えますね。
こいのぼりの体の部分は、療育の運動プログラムで活躍するトンネルです。
大きな目をくっつけ、しっぽにシートをかぶせるだけでカラフルなこいのぼりになるんです。

 

大きな口を怖がらずにトンネルを抜けることができるかな?
動きのある楽しいプログラムになりそうです。


2018-04-20 18:24:00

法人代表・指導員の高橋です。

 

写真は何の形に見えますか?

 

 

そうです。

ショベルカーです!

 

以前、『描くことの基礎』に関して掲載させていただきましたが、このたび、「働く車」が大好きなお子さま向けに、ショベルカーの形をくりぬいたものを作りました。

 

枠の中を好きな色で塗りつぶして、枠をとると・・・

そこには、ショベルカーの絵が出来上がります!

 

 

療育は、お子さまの興味・関心がある物を手掛かりとして行い、物を介してその先に人がいて、一緒に一つの物でやり取りをしながら、『人とのコミュニケーションはとても楽しい!』と感じてもらうことが大切です。

 

当教室では、準備と振り返りに時間を掛けて、お子さま一人ひとりに合った療育プログラムを組むことを大切にしています。

 


2018-04-18 18:30:00

こんにちは。

言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

 

こちらはグループ療育で行っている運動サーキットのセッティングです。
トランポリン、マット、滑り台、平均台、トンネル等が並んでいて順々に遊びます。
次々と遊具が変わっていくので、飽きる暇なく夢中になって遊べます。
とても楽しい遊びですが、それだけではありません。

 

1,遊具に合わせて身体を動かすこと
運動が苦手な子どもにとっては、楽しみながら全身を使う粗大運動ができるいい機会です。もちろん怪我には気をつけます。

 

2,順番を待つこと

人気のトランポリンや滑り台は時に待ち時間が生じます。集団活動が苦手な子どもにとっては、自分中心ではなく他児の様子を気にかける練習になります。

 

3,ルールの変更に応じること
途中で逆回りをしてみます。混乱せずに対応できるかな。適応が難しい子どもには「途中から逆まわりするよ!」と事前に伝えておくといいかもしれません。

 

すぐにはできなくても、徐々にできるようになって練習していきましょう。
グループ療育では、サーキット遊びの後にごあいさつ、集団での様々な活動、グループ制作等を行います。

グループ療育はまだ空きがございますので、ご希望の方は是非一度お問い合わせください。


2018-04-13 18:34:00

法人代表・指導員の高橋です。

 

写真は、4月11日(水)のグループ療育(3~4歳児・「そら」グループ・毎週水曜日14:00~15:00)の『静』の主活動でみんなで制作した「鯉のぼり」です。

 

「鯉のぼり」のうろこは、ハート型の折り紙や三角のスタンプで模っています。

 

 

みんなで一緒に楽しく制作し、元気いっぱいの「鯉のぼり」が完成しました!

 

手先の巧緻性、色・形・空間の認知、お友達への意識、できた!という達成感など、たくさんのねらいがあります。

 

グループ療育は、今後、1~2歳児・「わかば」グループ・毎週水曜日10:45~11:45、4~5歳児・「にじ」グループ・毎週土曜日14:00~15:00の実施を予定しております。

 


1 2