法人概要 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

法人概要

法人名    一般社団法人 岡山はぐくみ療育会

 

設立年月日  平成29年3月1日

 

代表理事   高橋敏之

 

教室     きもちとことばのはぐくみ教室

 

スタッフ数  6名

 

協力医療機関 イナバ小児科

  

 

~『法人名に込めた意味』~

岡山
法人代表はもともとは東北の生まれですが、以前勤めていた会社の転勤で中国四国地方に長く住んでいたこともあり縁あって岡山で暮らすことになり、岡山の地域社会にお役に立てるよう精進して参りたいとの意味を込めています。

はぐくみ

当法人の理念の『~生き生きとした自己肯定感~』を育んでいきたいという意味を込めています。

(育むは、親鳥がひな鳥を羽でくるむ、というのが語源のようです。)

療育

療育に特化して力を注いでいきたいとの意味を込めています。

同じ想いを持つ人が集まり、理念や使命を一緒に実現していきたいという意味を込めています。

 

代表プロフィール

私は福祉業務支援ソフトウェアのメーカーに、ちょうど20年間勤めておりました。
その内容は福祉業務の全般にわたりまして、アセスメント・個別支援計画・支援記録・計画相談支援・相談受付・通所/訪問/入所スケジュール管理・請求管理等々があり、また、基幹業務として会計・給与・人事・勤怠・給食栄養等々があります。
上記のような福祉業務支援ソフトウェアを福祉事業者に提案していたのですが、その際に必ず必要でとっても大事だったことは、現在の状況や今後このようにしていきたいというニーズの深いヒアリングでした。
つきましては、各福祉事業者の業務改善に繋がるように、深く業務に入りこむことが必要であり、それがとても重要な要素になる仕事をして参りました。
このヒアリング及びご提案でお会いする方々は、業務内容に沿って、法人代表・施設長・事務長・相談支援専門員・介護支援専門員・生活相談員・生活支援員・介護職員・リハビリ担当・看護師・事務職員・栄養士等々、ほぼ全ての職種の方々になります。
つきましては、20年間で本当にたくさんのいろいろな職種の方々とお会いしまして、深くお話しをさせていただいて参りましたことが私の何よりの財産となっております。
また、私は、東北→東京→大阪→広島→香川→高知→東京と転勤し、また、当初は営業所も少なく全国出張をしておりまして、行っていない県は数県のみで、ほぼ全国にお伺いさせていただき、いろいろな地域の方々とお話しさせていただいて参りました。


福祉事業に携わる方々と日々お会いするなかで、私も直接福祉の仕事をしたいという思いが次第に募りまして、生活支援員や介護職員として福祉施設への就職も考えましたが、自分が今まで仕事を通して皆様から勉強させていただきましたことを、より役立たせていければと思い、自身で福祉事業を行うことに致しました。

その中で、児童発達支援事業の路を歩むことにした理由ですが、困っている子どもたち、そして、保護者・家族の方々がたくさんおり、また、できるだけ早い時期から療育を行うことの大切さを知りまして、児童発達支援に自分が加わることによって、岡山の地域社会で見ても小さな力ではありますが、社会に貢献が出来ればと思ったからになります。

 

子どもたち、保護者の方の一人ひとりと、深く丁寧に向かい合うように常に心がけ、通っていただいてきちんと効果が上がるように毎日一日一日ずつ頑張っていきたいと思っております。

 

代表理事・指導員 高橋敏之342.JPG