お知らせ > 2019-05 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2019-05-31 18:16:00

こんにちは。
言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

今回は言語指導における着眼点についてです。
「ことばの障害の評価と指導(大石啓子編)」という、学生時代に教科書として使っていた本を久々に見ながら、私自身「実践できているかな?」と振り返りながらまとめました。

 

①語彙
言語発達の基本的な部分です。
理解語彙と表出語彙にギャップがあるか?
名詞・動詞・形容詞・副詞…それぞれの品詞について獲得はどうか?
「ぶーぶー」から「くるま」、「わんわん」から「いぬ」のように幼児語から成人語への移行はどうか?

 

②文構造
理解面と表出面は?
一語文か語連鎖(二語文以上)するか?
助詞(が・は・の・を・に等)や助動詞(れる・られる・せる・させる等)を使用しているか?
それらの使用傾向や誤用はどうか?

 

③語操作
ことばを論理的に理解したり表現したりできるか?
例えば、推論(Aはおおきいね、じゃBは?に対し等)や事物の定義づけ(お箸ってなに?動物ってなに?等)に応じることができるか?

 

④談話
あるテーマに沿って文レベルで話を続けられるか?
例えば、幼稚園や保育園での出来事を「きょうは粘土であそんだんだよ。ぼくはゾウをつくってね、〇〇くんはきりんをつくったよ。そしたら先生がね…」のように順序だててお話しができるか?文と文に関連があるか?

 

⑤コミュニケーション
やりとりは一方的か(子ども主導?受け身?)双方向か?
自然なやり取りができている?

 

⑥読み
図形認知・文字・単語・文・文章についてどうか?

 

⑦書き
運筆・文章・単語構成・文・文章についてどうか?

 

これらを適切に評価したうえで、保護者の方と共有できればいいなぁと思っています。
例えば、

 

「言語面が伸びましたね。」

 

とだけ伝えるのではなく、

 

「言語面が伸びましたね。療育では推論課題が得意になってきました。言葉を柔軟に操作できるようになってきていますね。やり取りもやや一方的な印象だったのが、他者の意見を聞くことができるようになり双方向になってきました。」

 

とお伝えする方が具体的でわかりやすいですね。
私自身、言語指導について再確認する良い機会になりました。


2019-05-29 06:01:00

指導員の高橋です。

 

本日現在の空き状況につきまして、下記ご案内させていただきます。

 

 

『個別療育』

一対一のマンツーマンで一緒に取り組むことの楽しさを感じながら、言葉や認知の力を育てる幅広い課題、また、手先の訓練、視覚と運動を育てる課題、ルールのある遊びなど、お子さんのステップごとに細やかな支援を行います。

 

恐れ入りますが、現在は空きがございません。

 

 

『グループ療育』

3~4人ほどでグループをつくり、上手な友達付き合いの方法や集団生活のルールを楽しく学びます。自己表現などのやりとりの方法を身に付け、他者と関わる力を育みます。

 

「わかばグループ(1~2歳児)」 水曜日 9:30~10:30

「ほのぼのグループ(異年齢、評価して判断)」 金曜日 15:00~15:45

 

 

『音と色の療育』

3~4人ほどでグループをつくり、「音」や「音楽」の働きかけにより、情緒面・認知面・コミュニケーション面・身体面・感覚面それぞれの発達を育みます。

 

火曜日 14:00~14:45

金曜日 10:45~11:30

 

 

『就学前療育』(3人までの年長児支援)

就学前に、「座る・聞く・待つ」を身につけることをねらいとし、基本的には座学中心で、様々なことば遊びや数あそび、他児と力を合わせる遊び等を行います。

 

木曜日 15:00~15:45

 

 

よろしくお願い致します。

 

 

 


2019-05-24 19:14:00

こんにちは。
言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

「朝、幼稚園(保育園)にいく準備が遅くて困ってます」
「うちの子、遊びがやめられないんです」

 

このような悩みをよくお聞きします。
例えば、家からお出かけするときに、

 

「家を出る時間だよ!」

 

と声をかけるだけでなく、

 

① 次にすべき行動を視覚的(家を出る場合、お子さんの靴の写真や履く動作の絵カード)に呈示する
② 「長い針がここ(12)にきたら行くよ」と時計を見せ、時間を意識させる
③ 「あと5分だよ」「あと少しで出発だよ」等と、事前に告知する etc…

 

皆さん、あの手この手で時間への意識を持たせようと努力されます。

 

それでもまだまだ時間を守れない、まだ遊んでいたい…
そんなときに、砂時計はどうでしょう。
砂の動きが楽しくて良い!
そして何より、時間を簡単に視覚化できる点が優れていると考えています。
通常の時計よりも砂時計なら「あとどのくらい」がイメージしやすいのです。

 

療育では、

 

「砂が全部落ちたら、粘土あそびはおしまいだよ」

 

等と呈示し、気持ちや活動の切り替えにつなげています。
ご自宅では、

 

「砂が全部落ちたらお出かけしよう」
「砂が落ちたらテレビはおしまいね」
「砂が落ちるまでに着替えてね」

 

等と様々な場面で使えるかもしれません。
今日は砂時計のお話しでした。

 


2019-05-21 17:41:00

指導員の高橋です。

 

6月の予定をお伝えさせていただきます。

 

こどものひろば』を6月は今月5月と同じく、毎週木曜日の13:15~14:30に開催させていただきます。

 

 kodomonohiroba.jpg

 

お子さまと保護者の方に自由に遊んでいただく場としております。

スタッフも『こどものひろば』に出ていますので、ご心配なこと、お困りのことがございましたら、お気軽にお声がけいただければと思います。

 

スタッフ一同お待ちしております。


2019-05-17 16:53:00

こんにちは。

言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

先日はグループ療育の補助として2人のお子さんを担当しました。

療育の合間にA君が、

 

「ねぇねぇ、いっぺーさん、あのね…」

 

と声をかけてくれました。

チーム分けのときに一緒のチームになったB君は、

 

「いっぺーさんといっしょだ」

 

と言ってくれました。

2人とも何気なく「いっぺーさん」と呼んでくれています。

でも、これってすごいことでなんです。

ここまでにいくつもの発達課題をクリアしてきたからできるんです。

 

言語理解に注目すると…

・同じと違うがわかる

・物事にはそれぞれ名前がある

・この人はいっぺーさんという名前である

 

言語表出に注目すると…

・声帯を振動させることができる

・随意的に呼吸や口腔周辺を運動することができる。

・いっぺーさんの「ぺ」のときには唇を閉じる、「さ」のときは舌を細かく動かし摩擦を作ることができる等の構音動作を獲得している。

 

認知面・情緒面に注目すると…

・他者の存在に気付いている。

・他者の存在を受け入れることができる。

・自ら他者と関わりを持つことができる。

 

とりあえず、パッと思いつくだけでもこれだけあります。

じっくり考えるとまだまだあるでしょう。

 

お子さんの何気ない言葉や行動には、たくさんの成長がつまっています。

 

「はやくしなさい!」

「ダメって言ったでしょ!」

 

とお子さんに求めるばかりでなく、時には良いところを見つけてあげましょう。

それをお子さんに分かるように伝えてあげると、もっといいですね。

そうすることで、お子さんだけでなく保護者の方の自己肯定感向上にもつながり、よりよい家庭環境にもつながっていくと考えています。

 


1 2