お知らせ > 2019-03 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2019-03-29 17:34:00

こんにちは。
言語聴覚士のいっぺいさんです。


当教室は児童発達支援事業所のため、未就学のお子さんにお越しいただいております。
よって、今春から小学校に上がるお子さんは当教室を卒業(卒室?)することになります。

 

私が療育で担当していた子も、数名はぐくみ教室を卒業していきます。
苦手な鉛筆で書いたお手紙をくれたり、「今までありがとう」と言ってくれたり…。
とても嬉しい気持ちと、寂しいきもちが入り混じります。

 

春は別ればかりでなく、始まりの季節でもあります。
はぐくみを卒業しても、それぞれのステージで頑張ってください。
そして、いつでもはぐくみ教室に遊びに来てください!


2019-03-26 18:05:00

指導員の高橋です。

 

本年4月~の空き状況につきまして、下記ご案内させていただきます。

 

 

『個別療育』

一対一のマンツーマンで一緒に取り組むことの楽しさを感じながら、言葉や認知の力を育てる幅広い課題、また、手先の訓練、視覚と運動を育てる課題、ルールのある遊びなど、お子さんのステップごとに細やかな支援を行います。

 

わずかに空きあり

 

 

『グループ療育』

3~4人ほどでグループをつくり、上手な友達付き合いの方法や集団生活のルールを楽しく学びます。自己表現などのやりとりの方法を身に付け、他者と関わる力を育みます。

 

「わかばグループ(1~2歳児)」 水曜日 9:30~10:30

「ほのぼのグループ(異年齢、評価して判断)」 金曜日 15:00~15:45

 

 

『音と色の療育』

3~4人ほどでグループをつくり、「音」や「音楽」の働きかけにより、情緒面・認知面・コミュニケーション面・身体面・感覚面それぞれの発達を育みます。

 

火曜日 14:00~14:45

金曜日 10:45~11:30

 

 

『就学前療育』(3人までの年長児支援)

就学前に、「座る・聞く・待つ」を身につけることをねらいとし、基本的には座学中心で、様々なことば遊びや数あそび、他児と力を合わせる遊び等を行います。

 

木曜日 15:00~15:45

 

 

よろしくお願い致します。

 


2019-03-21 04:58:00

こんにちは。

言語聴覚士のいっぺいさんです。


私は個別療育で鏡をよく使います。
実は、鏡はどのご家庭にもある身近で優秀な療育教材なのです。

 

認知発達の幼い子どもにとって、鏡はとても不思議です。
興味を持ち鏡のむこうに手を伸ばすこともあれば、怖いと泣きだすこともあります。
反応はお子さんによって様々です。

 

そして、映っているものが自分だと気づくのには認知発達が必要です。
例えば、マッチング(同じもの同士の理解)ができるようになってくれば、子どもたちの好きなシールを額や頬に貼ってみます。
「あれ?大好きなシールがあっちにもあるぞ!」
と感じてもらえればしめたものです。
実世界と鏡の世界が同じであることに気付き、徐々に自分という存在そのものを認知するよう誘導します。
鏡が好きになると、鏡を見ながら指をさしたり、声を出したり、表情を変えてみたり…

いろんな遊びにつながっていきます。

 

就学前の機能性構音障害のお子さんにとっては、舌や口唇が思った通りに動かせているかどうか、即時確認ができる教材にもなります。

 

言語や認知発達につながる鏡のお話でした。

 


2019-03-18 21:22:00

指導員の高橋です。

 

こどものひろば』ですが、3月までは毎週木曜日の14:00~15:15に開催させていただいておりましたが、恐れ入りますが、4月から時間をご変更させていただきたいと考えております。

 

曜日は変わらず毎週木曜日ですが、開催時間を13:15~14:30とさせていただきます。

お子さまと保護者の方に自由に遊んでいただく場としております。

スタッフも『こどものひろば』に出ていますので、ご心配なこと、お困りのことがございましたら、お気軽にお声がけいただければと思います。

 

スタッフ一同お待ちしております。

 


2019-03-16 13:45:00

こんにちは。
言語聴覚士のいっぺいさんです。


今年の4月から、新たなグループ療育を計画中です。
…というお話を先日させていただきました。
早速お申込みいただいた方もいらっしゃいます。


本日は、療育の内容について記載したいと思います。
時間は45分間です。
今春から5歳児の子どもたち数名の小集団での療育となります。
流れにつきまして…

 

①はじめのあいさつ
②音読
③言葉の活動
④数もしくは聞く活動
⑤絵本もしくは紙芝居
⑥おわりのあいさつ


を予定しています。
基本的に机があり、椅子に着席した状態で進めてまいります。
②の音読は、苦手なお子さんが多いのですが少しずつ慣れていければと思います。
交代読みの時は、他児が読むのを待つ練習になります。
③の言葉の活動は、しりとり・語想起・かるた等を考えています。
楽しく語彙獲得や文字理解につながればと思います。
メンバーにもよりますが、書字を行うかもしれません。
④の数の活動では、数概念を固め算数学習の基礎づくりをねらいとしています。
聞く活動では、視覚的手掛かりがない(少ない)中で音声や音のみで課題を解決する力を養いたいと思います。
視覚情報優位のお子さんにとっては苦手なことが多いですが、これも少しずつ慣れていければと思います。
⑤の絵本・紙芝居は数分間座って聞くことを目指します。
大人には簡単でも、子どもにとっては難しいことです。
時間が余れば、お子さん同士で感想を言い合う時間がとれればと思います。
他者の考えを受け入れることも大切なことです。

 

上記のプログラムは変更する可能性がありますが、ざっくりとこのような感じです。
興味のある方は、当教室までお問い合わせください。


1 2