お知らせ > 2020-01 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2020-01-30 14:51:00

こんにちは。
言語聴覚士の一平さんです。


「最近、お子さんをほめられましたか?」
療育が終わって保護者との振り返りの時間にこのような質問をすると、できていない保護者の方が多いようです。
理由を尋ねると


①「悪いことばかりするから」
②「ほめられるのが嫌みたいなので」
③「ほめ方が分からない」


のようなお話をしてくださいます。
療育の現場で考え方の中心になっている行動療法において、お子さんの問題行動を改善するために「ほめる」ことは必須であると考えられています。
今回は、上記のような保護者の方に、ほめ方のコツをお伝えしたいと思います。


①の理由は、お子さんの多動傾向・衝動傾向が高い場合によく聞かれます。
彼らに声を掛けるには、タイミングが重要です。
どこをほめようと考えているうちに、すぐに問題行動を始めてほめられない…
ということもあるでしょう。
好ましい行動をした瞬間に躊躇せず、タイミングよくほめましょう。


②の理由は、保護者の方に思い込みがある可能性があります。
ほめられなれていないお子さんが急にほめられると、とまどいから困った顔をしたり、時には「何言ってるんだ、ばーか」のように怒った素振りを見せるかもしれません。
ほめられて嫌な気分になる大人がいないように、子どもも本心では嬉しく感じていると思います。
お子さんがほめられることに慣れるよう、じっくりいきましょう。


もう一つのポイントは、ほめる言葉の中に


「やっと手伝ってくれたね」
「いつもやってくれたらな」


のように、皮肉や説教を交えるのはやめましょう。


「手伝ってくれて助かった」
「やってくれてありがとうね」


のように、ストレートに良い部分のみを気持ちよく伝えましょう。


③の理由は、ほめ方のバリエーションが少ないことが考えられます。
以下のような様々な方法で、ほめる以外でお子さんを肯定する気持ちを伝えられてはいかがでしょうか。


・「できたね」のように直接的にほめる
・「もうちょっとだよ」のように励ます
・「お、お片付けできたんだね」のように好ましい行動に気付いていることを伝える
・にっこりして頭をなでたり、頭の上で輪っかを作ってOKを伝えたり、身振りで示す
・「何して遊んでるの?」「保育園のお友達教えて」のように興味・関心を示す
・問題行動のタイミングで「これは何だろう」「〇〇手伝って」のように次の活動に誘導することで、問題行動には注目してませ~ん、ということを間接的に伝える。


等があげられると思います。
お子さんによって響く関わり方があると思います。


今はほめても反応が薄かったり怒ったりするかもしれません。
しかし、ほめることを継続していると長期的に見て必ず良い方向に進んでいきます。
まずは保護者をはじめとした大人側が関わり方を変えてみましょう。

 


2020-01-28 17:36:00

指導員の高橋です。

 

私は、個別療育で、手遊びをよく行います。

 

「まあるいたまご」

「トントントントンアンパンマン」

「やさいいのうた」

「ミッキーマウス」

「ピクニック」

「いわしのひらき」

「おおきくなったらなんになる」

 

などをよく行います。

 

 

そして、時々、

 

「アルプス一万尺」を行います。

 

「アルプス一万尺」が他の手遊びと違うところは、そうです、二人一組で行う、というところです。

 

一般的な手遊びは、お子さんからしますと、私と向かい合って、私と同じ動きをすることになります。

 

つまり、私が左手を動かせば、お子さんは右手を動かし、私が右手を動かせば、お子さんは左手を動かすという形になります。

 

「アルプス一万尺」は、皆さんご存知の通り、まずスタートから、二人の右手と右手を合わせて、そのあと、左手と左手を合わせます。

 

そのあとは、左右対称となる動きが続きますが、

途中で、

自分の右手(左手)で自分の左肘(右肘)の内側を持ち、相手も同じような形をつくって、そして、お互いが組み合うというところがあります。

 

このように、向かい合った相手と、鏡に映るのと同じような動きをするのではなく、向かい合っていながらも、動きとしては、横に並んだときに同じになるような動き、つまり、向かい合って、右手と右手、左手と左手を合わせるという動きは、お子さんにとっては難しいものです。

 

これからも、楽しく、いろいろな手遊びを行っていきたいと思います!

 


2020-01-24 08:27:00

こんにちは。

言語聴覚士の一平さんです。

前回の私の話は、肯定的な関わりを持つようにしましょう、という内容でした。

 

しかし、これはどんな場合にも当てはまるものではありません。

望ましくない行動、減らしてほしい行動はスルー(後に褒める必要あり)をすればいいと思います。

では、危険な行動、許しがたい行動であった場合はスルーでいいのでしょうか。

この場合はスルーではなく、何らかの形で警告や罰を与える必要があると考えます。

 

例えば○○くんは、車の玩具が大好きです。

でもなかなか車遊びをやめられず、お母さんは繰り返し注意します。イライラがたまった○○くんは、最後に車を窓ガラスに投げてしまいます。そのせいで一度ガラスが割れたことがあります。

 

このような場合、どのように関わればいいでしょうか。

 

声掛けのヒントを以下に記します。

 

① やめてほしい、応じてほしい行動を具体的に伝える

車を窓ガラスに投げてしまった直後のタイミングで、「ガラスが割れると危ないから車を窓ガラスに投げるのはやめよう」のような感じで伝えます。

ここでやめることができればいいですが、そうはいかない場合もありますよね。

 

② ①に応じなかったときにどうなるのか(ペナルティ)を具体的に伝える

「次投げると5時まで車で遊べなくなっちゃうよ」のような感じです。

シチュエーションはそれぞれですから、場面場面でどのようなペナルティがいいのか考える必要があります。

ここでは「5時まで」というのがポイントです。

「今日は車禁止、今週は車禁止」だとペナルティが長時間に及ぶと○○くんがなぜ車で遊べないのかを忘れてしまい、ペナルティの意味が薄れてしまう可能性があります。

その日のうちに完結するのが望ましいと思います。

 

③ 指示は1回のみ!

①②のやり取りは繰り返しません。1回の最後通告です。

ここを徹底できるかどうかがポイントです。

ダラダラとやりとりを繰り返すと、

「しつこいけど投げても大丈夫なんだな」

と学び、問題行動は強化され繰り返されます。

 

④ できれば褒める、できなければペナルティを実行する

指示に応じて車をお片付け出来ればしっかりと褒めることで、望ましい行動として定着することを目指しましょう。

 

もし再度車を窓ガラスに投げてしまったら、車で遊べないように取り上げます。

大事なのはここからです。

5時以降は車で遊んでもOKにしましょう。

ここで「もう投げないでよ」等とこちらから掘り返して言いません。

なぜかというと「5時まで車で遊べない」という形で、子どもなりに責任を取ったと捉えます。

「はい、5時になったから車返すね」とあっさり声を掛けて、子どもも大人も気持ちをリセットしましょう。

 

大切なのは、指示は1回だけであると行くことです。

ここを徹底して、危険な行動や許しがたい行動と向き合っていきましょう。


2020-01-21 09:04:00

指導員の高橋です。

 

2月の予定をお伝えさせていただきます。

 

こどものひろば』を2月は今月1月と同じく、毎週木曜日の13:15~14:30に開催させていただきます。

お子さまと保護者の方に自由に遊んでいただく場としております。

スタッフも『こどものひろば』に出ていますので、ご心配なこと、お困りのことがございましたら、お気軽にお声がけいただければと思います。

 

スタッフ一同お待ちしております。

 


2020-01-18 12:22:00

こんにちは。
言語聴覚士の一平さんです。
今回は、子どもの行動を分析しようというお話です。


普段私たちが行っている療育の土台となる考え方は行動療法といいます。
行動療法では子どもたちの行いは、「行動のABC」の繰り返しで行われているとされています。
行動のABCは、


A(antecedent)先行状況
B(behavior)行動
C(consequence)結果


になります。
例えば、


A静かな環境→B集中して勉強を頑張る→Cほめられる
A賑やかな環境→B集中できず遊んでしまう→C怒られる


ような感じです。
上記のようにAの先行状況を調整すればBの問題行動が減少しそうだというのは分かりやすいですね。
しかし、Cの結果を変えることでもBの問題行動を減少させることも可能なのです。
え、どうやって結果を変えればいいの?と思われるかもしれません。
それは、大人側が少し視点を変えて子どもに注目することです。


具体的には、


できた部分をほめる
頑張れたことを認める
笑顔をかえす


のように、肯定的な結果を与えることです。
皆さんはできていますか?
お話を聞いていると、否定的な結果を与えている方が多い印象です。


できてないところを指摘する。
すぐ怒る
(あってはならないですが)叩く


等の否定的な結果のみを与え続けていませんか?
ドキッとした方は、上記のように否定したくなった時にグッとこらえるようにしてみましょう。
そして、なるべく肯定的な結果を与えるようにして、お子さんの問題行動の減少を目指せればいいですね。


1 2