お知らせ > 2019-01 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2019-01-31 13:51:00

こんにちは。

言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

場面緘黙という言葉をご存知ですか?

発達障害、ADHD、学習障害等に比べ、場面緘黙という言葉はまだ認知度が低いようです。

場面緘黙とは「家ではよくしゃべるのに、学校や園ではしゃべれない」のような様子のことで、医学的には不安症と呼ばれます。

しゃべれないだけでなく、不安な場面では身体の動作も止まる、緘動(かんどう)と呼ばれる症状を伴うこともあります。

お子さんによって、緘黙・緘動の程度は異なります。

また、場面により緘黙・緘動の様子は変化することが多いです。

 

生まれ持った性格(遺伝要因)に親・兄弟・友人・周囲の大人等による負荷(環境要因)が加わることで発症することが多いとされており、幼児期に発症した場合の多くは予後良好です。

しかし、不登校やうつ等の二次的な障害につながることも考えられるため、支援が必要となります。

 

例えば家ではよくしゃべるが、家以外ではしゃべらないお子さんの場合です。

例えば療育中に、首振り・頷き・指さし・表情等で意思を示してくれれば、それを認めて意思表出できていることを肯定します。

コミュニケーション場面では急いでしゃべらせようとするのではなく、その子ができる方法で意思表出を重ね、徐々に表出の幅を拡げていくことができればいいのではないでしょうか。

学校や園等の集団生活では、「おとなしい子」「手がかからない子」と思われることが多く、支援されずに放置されることも問題になりやすいです。

なるべく担任の先生の近くの席にしてもらったり、加配の先生が近くにいる環境でコミュニケーションが取りやすくするのもいいでしょう。

また、音声言語での表出を強制しない配慮が必要です。

 

あくまでこれは一例ですので、個々に合った支援が必要です。

ご心配な方は、医療機関にご相談されることをおすすめします。

当教室でも相談をお受けしますので、お気軽にご連絡ください。

 


2019-01-28 21:32:00

指導員の高橋です。

 

児童発達支援事業所のご利用を考えていらっしゃる保護者の方々とお話しをしていますと、「事業所の選び方が分からない。」というお声をよくお聞きします。

 

つきましては、当事業所のことだけではなく、客観的に見て、保護者の方々が事業所を選ぶ際のポイントを、ブログの中で時々お伝えしていきたいと思います。

 

今回は、保護者の方々も一緒に通所するかどうか、という点をお伝えしたいと思います。

 

事業所によりまして、

Ⅰ 「お子さまと一緒に保護者の方々も一緒に通所する。」

Ⅱ 「お子さまのみが通所する。」

というのがございます。

 

Ⅰ 「お子さまと一緒に保護者の方々も一緒に通所する。」の場合ですが、

Ⅰ-① 「保護者の方々は療育の様子を見守る。」

Ⅰ-② 「保護者の方々も療育に一緒に参加する。」

というのがございます。

 

※療育中は保護者の方々は別室で待っているという事業所はあまりなく、見守る、もしくは一緒に参加する、というのが一般的だと思います。

(見守りつきまして、部屋や仕切りの構造上、全ては見えなく、声は聞くことができたり、おおよその様子を伺うことができたりする、という場合もあるかと思います。)

 

 

また、Ⅱ 「お子さまのみが通所する。」の場合ですが、

Ⅱ-① 「保護者の方々が送り迎えをする。」

Ⅱ-② 「事業所側での送迎がある。」

というのがございます。

 

※Ⅱ-② 「事業所側での送迎がある。」につきましては、ご自宅のみではなく、通っている保育園等への送迎を行っている事業所もあるようです。

※尚、Ⅰ 「お子さまと一緒に保護者の方々も一緒に通所する。」の場合につきまして、Ⅱ-② 「事業所側での送迎がある。」という話しは聞いたことは今までありませんが、もしかしたら、対応されている事業所があるかもしれません。

 

少しでも、事業所を選ぶ際のご参考になればと思います。

 


2019-01-24 08:45:00

こんにちは。

言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

昨年春まで個別療育で私が担当し、現在はグループ療育で通ってくださっているお子さんがいます。

そのお子さんからお手紙をいただきました。

そこには…

 

「はぐくみ大すきだよ!」

「またいっぺいさんといっぱいあそびたいな」

 

と、記されていました。

 

うおぉぉぉ!嬉しい!!(心の声)

 

担当を離れてから密に関わることが少なくなっていたのに…

そして何より、自分から発信することが苦手で、いつも受け身な子だったのに…

 

「ありがとう!嬉しいよ!」

 

とお子さんに気持ちを伝えました。

他者とコミュニケーションする喜びを、今後も持ち続けてほしいです。

 

…ん?まだ字は書けないはずでは?

 

そう思っていると、

 

「まだ字が書けないので、姉に代筆してもらいました。」

 

とお母さんからの解説があり、納得!

とてもきれいな字でびっくりしました。

お姉ちゃんもありがとう!

 


2019-01-22 06:15:00

指導員の高橋です。

 

本年3月末までの現在の空き状況につきまして、下記ご案内させていただきます。

 

***本年4月以降の状況につきましては、あらためましてご案内させていただきます。***

 

 

『個別療育』

一対一のマンツーマンで一緒に取り組むことの楽しさを感じながら、言葉や認知の力を育てる幅広い課題、また、手先の訓練、視覚と運動を育てる課題、ルールのある遊びなど、お子さんのステップごとに細やかな支援を行います。

水曜日 16:00~16:45

 

『グループ療育』

4人ほどでグループをつくり、上手な友達付き合いの方法や集団生活のルールを楽しく学びます。自己表現などのやりとりの方法を身に付け、他者と関わる力を育みます。

「ほのぼのグループ」 金曜日 14:30~15:15

 

『音と色の療育』

こちらも4人ほどでグループをつくり、「音」や「音楽」の働きかけにより、情緒面・認知面・コミュニケーション面・身体面・感覚面それぞれの発達を育みます。

火曜日 10:45~11:30

金曜日 10:45~11:30

 

よろしくお願い致します。

 


2019-01-18 18:58:00

こんにちは。
言語聴覚士のいっぺいさんです。


岡山市内の幼稚園、保育園、小学校でインフルエンザが流行り始めました。
例年、年明けのこの時期から爆発的に広がっていますので、注意が必要です。
潜伏期間が1~2日程度で、38℃以上の高熱や全身症状(頭痛・関節痛・筋肉痛等)が特徴です。
風邪よりも感染力が強く、発症後1週間程度は他者に感染させてしまう可能性があります。
患者の周囲にいると、どれだけ予防していても感染してしまう場合があります。

 

朝起きたお子さまが熱っぽい場合は、無理をせず医療機関を受診しましょう。

 


1 2