人間知恵の輪 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2020-09-21 10:06:00

指導員の高橋です。

 

9月19日(土)の「にじグループ(4~5歳児)」で、『人間知恵の輪』を行いました。

 

皆で手を繋いで輪になり、繋いだ手を離さないで、くぐったり跨いだりして、できるだけ絡まります。

その後、繋いだ手を離さないで、くぐったり跨いだりして、絡まりをほどいていき、輪に戻すという遊びです。

 

ねらいは、「友達と一体感を持つ経験を積む。」です。

 

最初に絵カードを使ってやり方の説明を行い、次に、スタッフも含めて4人ずつの2つのグループに分かれて練習を行いました。

やり方を理解して、手を繋いで輪になり、くぐったり跨いだりして絡まり、その後、元の輪に戻ることができていました。

 

本番は、お子さん5人とスタッフ2人の7人で手を繋いで大きな輪を作って行いました。

 

「ぼく、くぐりたい!」「ぼくも!」と自分の意思を表しながら、手を離さずに上手にくぐったり跨いだりして、絡まることができていました。

そして、私の「元に戻ろう」の声掛けで、また、手を離さずに上手にくぐったり跨いだりして、輪に戻ることができました。

 

皆とても明るい笑顔になり、「やったー!」「できた!」という達成感と、友達との一体感を感じている様子でした。