一体感 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2019-06-04 18:45:00

指導員の高橋です。

 

写真は「線積み木」です。

 

 

立方体(正六面体)の一面のみに斜め線が描かれている積み木で、これをいくつか組み合わせて、写真のように線描写を形作るというものになります。

 

「物(事)をしっかりと見る力を養う。」というねらいで、療育に「線積み木」を取り入れています。

  

私が先に作り、それと同じに作ってもらうというやり方もしますが、写真のように、真ん中に見本のカードを置いて、お子さんと私が机に並んで座り、お子さんだけではなく、私も同じものを作る、というやり方もします。

 

このようなやり方をしますと、『一緒にがんばる!』というような雰囲気になり、一体感が生まれます。