事業所の選び方 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2019-01-28 21:32:00

指導員の高橋です。

 

児童発達支援事業所のご利用を考えていらっしゃる保護者の方々とお話しをしていますと、「事業所の選び方が分からない。」というお声をよくお聞きします。

 

つきましては、当事業所のことだけではなく、客観的に見て、保護者の方々が事業所を選ぶ際のポイントを、ブログの中で時々お伝えしていきたいと思います。

 

今回は、保護者の方々も一緒に通所するかどうか、という点をお伝えしたいと思います。

 

事業所によりまして、

Ⅰ 「お子さまと一緒に保護者の方々も一緒に通所する。」

Ⅱ 「お子さまのみが通所する。」

というのがございます。

 

Ⅰ 「お子さまと一緒に保護者の方々も一緒に通所する。」の場合ですが、

Ⅰ-① 「保護者の方々は療育の様子を見守る。」

Ⅰ-② 「保護者の方々も療育に一緒に参加する。」

というのがございます。

 

※療育中は保護者の方々は別室で待っているという事業所はあまりなく、見守る、もしくは一緒に参加する、というのが一般的だと思います。

(見守りつきまして、部屋や仕切りの構造上、全ては見えなく、声は聞くことができたり、おおよその様子を伺うことができたりする、という場合もあるかと思います。)

 

 

また、Ⅱ 「お子さまのみが通所する。」の場合ですが、

Ⅱ-① 「保護者の方々が送り迎えをする。」

Ⅱ-② 「事業所側での送迎がある。」

というのがございます。

 

※Ⅱ-② 「事業所側での送迎がある。」につきましては、ご自宅のみではなく、通っている保育園等への送迎を行っている事業所もあるようです。

※尚、Ⅰ 「お子さまと一緒に保護者の方々も一緒に通所する。」の場合につきまして、Ⅱ-② 「事業所側での送迎がある。」という話しは聞いたことは今までありませんが、もしかしたら、対応されている事業所があるかもしれません。

 

少しでも、事業所を選ぶ際のご参考になればと思います。