手遊び - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2018-11-19 15:01:00

指導員の高橋です。

 

私は、個別療育に「手遊び」をよく取り入れています。

 

「手遊び」は、何かの『物』を用いたり・介したりせずに、『人』のみで行う、という点がポイントです。

 

『物』の力を借りずに、私自身、及び、私が行うことに興味・関心を持ってもらえるか、がとても重要になります。

 

一般的に、乳幼児が『人』の模倣をするのは、その『人』(最初は、親・祖父母・兄姉など)に対して、[憧れの気持ち]を持つからだと言われております。

 

手遊びは、お子さまお一人お一人によりますが、

私がやること自体を嫌がるか、全く興味を示さないところから始まり、

興味を持ちだして、だんだん見てくれるようになり、

一部分だけでも、見よう見まねで動きを少しやってくれるようになり、

楽しいと感じて、自然に笑顔が出るようになり、

一緒に楽しくできるようになるまで、

スモールステップでほんの少しずつ、ゆったりと、月日をかけて継続して行っていくことが大事です。

 

レパートリーが少しずつ増え、よくやるのは、お子さまに合わせて、

「まあるいたまご」

「おおきくなったらなんになる」

「ピクニック」

「ぱんぱんぱんやさん」

「ミッキーマウス」

「ペンギンさんの山登り」

「いわしのひらき」

等々です。

 

数の指表示(人差し指と中指と薬指で「3」など・・・)を用いる「手遊び」が多いです!

 

私に注目してもらい、人への興味・関心を広げていってもらえればと思っています。