紙芝居 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2018-10-29 13:35:00

指導員の高橋です。

 

私は現在、11名のお子さまの「個別療育」を担当させていただいております。

 

「個別療育」は、一回30分間で実施し(その後に保護者の方との振り返り15分間)、その30分間でお子さま一人ひとりに合わせた5~6つほどの療育プログラムを行います。

 

私は、殆どのお子さまで、ほぼ毎回、プログラムの1つとして『紙芝居』を行っております。

 

 

『紙芝居』は

 

目で絵を見て

耳で話を聞いて

頭の中で絵と話を結び付けて

 

心の中に何かを思い浮かべる力(シンボル表象機能)を豊かにします。

 

 

『紙芝居』のよいところは、静止した絵を見ながら、目の前にいる話し手の生の声を聞いて、絵と話を頭の中で自然と結び付ける、というところにあります。

 

 

いろいろなたくさんの『紙芝居』を読んでいきたいと思っています。