深呼吸 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2019-08-27 18:32:00

指導員の高橋です。

 

皆さんご存知の通り、ゆっくりと深い呼吸は、気持ちを落ち着かせる効果があります。

 

しかしながら、深呼吸をしている様子の絵カードを見せたり、実際にやって見せて手本を示しても、小さいお子さんにとっては、深呼吸を理解することは難しいものです。

 

 

一つの方法として

 

お子さんに、その子が好きな生き物になったつもりになってもらい、

その生き物がお昼寝をしている真似をしてもらいます。

 

お子さんによって、好きな生き物は、犬や猫、ライオンや象、虫、恐竜などいろいろだと思います。

できれば、その生き物が仰向けに寝転がっている写真や絵があると、よりイメージし易いでしょう。

 

そして、お腹の上に、例えばですが、キャラクターのぬいぐるみなどを置いてあげます。

 

すると、ぬいぐるみは、呼吸に応じて自然と、お腹の上で上がったり下がったりします。

 

上がったり下がったりするのを見てもらいながら、「眠いね。。。」などとゆったりと声掛けをしていくと、だんだんと自然に、ゆっくりとした深い呼吸になっていきます。

 

このような方法で、ゆっくりとした深い呼吸を体感してもらえればと思います。