早期療育につきまして - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2017-08-10 11:49:00

法人代表の高橋です。私が児童発達支援事業所を始めた想いの大きな一つは、早期療育の大切さを知ったからになります。

 

お子さんの成長のことでご心配なことがあっても相談機関や医療機関に行くというところまでなかなか進めなかったり、また、医療機関に行こうとしても予約が必要で何か月も先の日にちになってしまったり、市町村から受給者証の交付を受けても児童発達支援事業所の空きがあまりなく希望通りの利用が難しかったりして、療育を始めるのがどうしても遅くなってしまうという現実を知り、岡山の地域社会でみても本当に小さな力ですが、私が児童発達支援に加わることによって、少しでも早期に療育を受けていただくことができればと想い、この度新たに開設させていただきました。

 

早期療育をより推進するために、当事業所では、療育とは別に、1歳半から6歳までのお子さんと保護者の方ならどなたでも参加できる「こどものひろば」というものを開催しております。

 

「こどものひろば」では、遊具やおもちゃで自由に遊んでもらい、遊びを通して友だちとの関わり合いもできます。保護者の方には、お子さんと一緒に遊んでもらったり、他の保護者の方と自由にお話ししていただけます。

発達の専門スタッフも常時「こどものひろば」にいますので、ご心配なこと、お困りのことなどをお話しいただけます。

 

8月と9月は基本的に、毎週水曜日・木曜日・土曜日に開催しております。参加費無料で予約も不要です。

*詳しい日にちと時間につきましては、『こどものひろば』のページをご覧ください。*

 

将来的にも、継続して、毎週必ず一回は開催させていただく予定です。

 

相談機関や医療機関に行くことをお考え中の方、医療機関の予約を待っていらっしゃる方、また、療育を受けていらっしゃるものの空き状況の関係で利用回数が少ない方など、是非、お気軽にご利用いただければと思います。

 

私としましては、早期療育への社会貢献の一つとして「こどものひろば」を開催させていただいておりますので、たくさんのお子さんと保護者の方に「こどものひろば」をご活用いただければと思っております。