アルプス一万尺 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2020-01-28 17:36:00

指導員の高橋です。

 

私は、個別療育で、手遊びをよく行います。

 

「まあるいたまご」

「トントントントンアンパンマン」

「やさいいのうた」

「ミッキーマウス」

「ピクニック」

「いわしのひらき」

「おおきくなったらなんになる」

 

などをよく行います。

 

 

そして、時々、

 

「アルプス一万尺」を行います。

 

「アルプス一万尺」が他の手遊びと違うところは、そうです、二人一組で行う、というところです。

 

一般的な手遊びは、お子さんからしますと、私と向かい合って、私と同じ動きをすることになります。

 

つまり、私が左手を動かせば、お子さんは右手を動かし、私が右手を動かせば、お子さんは左手を動かすという形になります。

 

「アルプス一万尺」は、皆さんご存知の通り、まずスタートから、二人の右手と右手を合わせて、そのあと、左手と左手を合わせます。

 

そのあとは、左右対称となる動きが続きますが、

途中で、

自分の右手(左手)で自分の左肘(右肘)の内側を持ち、相手も同じような形をつくって、そして、お互いが組み合うというところがあります。

 

このように、向かい合った相手と、鏡に映るのと同じような動きをするのではなく、向かい合っていながらも、動きとしては、横に並んだときに同じになるような動き、つまり、向かい合って、右手と右手、左手と左手を合わせるという動きは、お子さんにとっては難しいものです。

 

これからも、楽しく、いろいろな手遊びを行っていきたいと思います!