ことばの相談 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2019-09-06 09:42:00

こんにちは。
言語聴覚士の一平さんです。

 

少し前の、9月1日は言語聴覚の日でした。
20年ほど前の9月1日に言語聴覚士法が施行されたことに由来します。

 

言語聴覚士に馴染みのない方も多いことと思います。
その多くが、病院のリハビリ科に所属しているためです。
私の学生時代の友人はほとんどが病院勤務で、脳卒中後の急性期リハや高齢者への嚥下リハに取り組んでいます。

 

私のように小児関連の福祉施設に所属する言語聴覚士は少ないですが、働いていると「ことば」に関する悩みをお持ちの方が非常に多いと感じます。

 

「子どものことばが遅いのが気になります。」
「集団指示の理解ができていないと保育園・幼稚園の先生に言われました。」

 

等が、よくあるご相談です。

 

はぐくみ教室では、毎週木曜日の13:15~14:30に「こどものひろば」といって、教室に遊びに来ていただく時間をとっています。
予約は必要なく、時間内であれば自由に出入りしていただけます。
お子さんにはたくさんの玩具で自由に遊んでいただき、保護者の方には困りごとをご相談いただいております。

 

毎週木曜日の「こどものひろば」では、「ことば」に関する相談もお受けしますので、少しでもお困りの方は是非お越しください。