助詞の課題 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2019-08-02 16:27:00

言語聴覚士の一平さんです。

 

本日は助詞についてです。

助詞とは「と・より・を・に・が・で・から…」等の品詞で、文章の枠組みをつくる骨格のようなものです。

例えば、

 

「学校から帰る」と「学校へ帰る」

 

上記2文では意味が大きく異なりますね。

更に、

 

「太郎が花子を殴る」と「太郎を花子が殴る」

 

上記2文では、意味が真逆になってしまいます。

正しく理解し使用できないとトラブルにつながりかねません。

このように、助詞の日本語における働きは大きいのです。

 

助詞の使用は早い子で2歳前半から見られますが、正確に使いこなすことはまだできません。

習得には時間がかかり、助詞を正しく使用できるのは5歳以降となります。

 

私の療育では就学前にやってみることが多いです。

まずは

 

だれ「が」

なに「を」

どこ「に」

 

のような理解が比較的易しい、もしくは正しく使えていると思われるものを中心に指導します。

徐々に、

 

どこ「から」

どこ「で」

どこ「へ」

 

のような方向や場所を示すものに移ります。

初めのころは誤用もありますがそれは許容します。

大人が正しい表現を返し、お子さんに聞いてもらいましょう。

 

私は、教材として助詞の穴埋めプリントや助詞カードをよく使用します。

教材そのものよりも、教材をどのように使うかがとても大事だと思います。

お子さんが楽しめて、繰り返し取り組める良い方法を一緒に探りましょう。