悩みを共有しましょう - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2019-02-22 14:38:00

こんにちは。
言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

先日、吃音の研修に参加させていただきました。
吃音とは、「きょ、きょ、きょ、きょうは…」のように話し言葉が詰まったり、「きょうは…(数秒)…天気が…(数秒)いいですね」のように不自然な間隔ができる症状のことを言います。
吃音への支援については、以前の記事をご参照ください。
https://hagukumi.okayama.jp/info/2381142

 

技術的なことも非常に勉強になったのですが、大切なのは発達の悩みを周囲と共有することだと感じました。
研修の中で動画を見せていただきました。
ある小学校の人権発表会のワンシーンです。
そこでは、吃音のある小学2年の女の子が、

 

「私は言葉がでてこないことがありますが、わざとではありません。真似されたり笑われたりすると傷つきます。温かく見守ってくれると話しやすいです。よろしくおねがいします。」

 

と、吃りながらも発表しているのです。
小学2年生で、なかなかできることではありません。
この子のようには、自分で助けを求めることができない子の方が多いと思いますので、保護者が担任の先生や周囲に援助を依頼し、理解のある環境をつくるべきだと思います。
年度とともに先生が代わるタイミングで、

 

「この子には〇〇のような特徴があります。□□のような配慮をいただけると助かります。」

 

のようにお話ししたり、特徴を箇条書きしたプリントを渡したりするのも良いでしょう。

 

吃音に限らず、お子さんの発達に関する悩みは、周囲に相談しづらい方が多いのではないでしょうか。
以前は発達障害や吃音については情報が少なかったり偏見があったりで、周囲の理解を得にくい環境でした。
保護者は1人で悩みを抱えることになり、精神的に辛い思いをしていたことと思います。

 

しかし今は少しずつ環境が変わってきて、周囲の理解を得て支援を受けやすい時代になってきています。
理解者や支援者を増やしていくことが、保護者の負担軽減にもつながります。
配偶者、ご両親、学校や園の先生、似た悩みを持つ友人、療育施設…
是非、周囲に悩みの共有を実践してみてください。