名詞理解を深めよう - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2018-08-08 18:53:00

こんにちは。

言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

物の名前を理解することは、言語発達において大きなステップです。

名詞理解の始まりとして、療育場面ではマッチングという課題を行うことが多いです。

マッチングとは、同じもの同士の理解ができる(選べる)かどうかという課題です。

まず、全く同じもの同士(物品・実物)のマッチングに始まりますが、その次のステップとしてこのようなマッチングを行っています。

 


色・形・絵のタッチなど外観が異なる物でも、図鑑の猿と絵カードの猿はどちらも猿であることがわかるでしょうか?

視覚的に絵の特徴を捉えるいい練習です。

見る範囲が広いので、視野を広く持つ練習にもなりますね。

写真の図鑑と絵カードでは、猿の他にもカメ・ヘビ・リスのマッチングが可能です。

 

最近動物に興味を持ち始めたお子さまへのプログラムです。

興味を持ってやってくれるといいなぁ。