療育のねらいって? - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2017-10-17 17:01:00

こんにちは!

言語聴覚士のいっぺいさんです。

雨の日が続いておりますが、体調はいかがでしょうか。

 

きもちとことばのはぐくみ教室では、保護者の方との振り返りを大切にしております。そんな中で「療育の目的を教えてください」と聞かれることがあります。

 

例えば、ボーリング遊びを例にあげてみます。

 

 

何かに注意を向けることが苦手なAちゃんは、ボールの転がる様子やピンの倒れる様子を「目で追う」ことがねらいになりました。

 

指先の運動が苦手なBちゃんは、ボールをしっかり両手で「持つ」ことがねらいになりました。

 

就学を前に数字や色の勉強を始めたCちゃんは、倒れたピンの数や色を確認することで「数や色の概念を学ぶ」ことがねらいになりました。

 

情緒面のコントロールが難しいDちゃんは、ピンが倒れて喜んだり倒れなくて悲しんだりすることによる「感情の理解」がねらいになりました。

 

このようにボーリング遊びだけでもたくさんの「ねらい」があるんですね。同じ遊びをしていても、「ねらい」はお子さまによってそれぞれ異なります。この「ねらい」に加え、療育中の「興味」「反応」につきましても、療育の振り返りで共有できたらと考えております。お子さまにあった療育を一緒に考えていきましょう!

 

まずは教室の雰囲気を体験にいらしてください。

皆様にお会いできることを、スタッフ一同楽しみにしております。