仕掛け絵本のすすめ - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2019-07-19 18:14:00

言語聴覚士の一平さんです。


今日は仕掛け絵本についてです。


「絵本に注目させたいけれど、椅子に座って聞くことができずにすぐ立ってどっかいっちゃいます」


こんなご相談をいただくことがあります。
実際、絵本を読み聞かせても注目しづらいお子さんがいらっしゃいます。
キャラクター絵本、図鑑絵本、文字の少ない赤ちゃん絵本、文字のない絵だけの絵本…様々な絵本がありますが、おすすめは仕掛け絵本です。
絵本自体は視覚情報、読み聞かせの音声は聴覚情報なのですが、この2点ではお子さんの興味を引くには少し刺激が弱いのかもしれません。
そこに、仕掛けをめくって楽しむという動作が加わると、かなり注目しやすくなります。
私自身療育で使用することがありますが、仕掛けのない絵本よりも注目度は大きく向上し、むしろ前のめりで、


「めくらせて!」


と来ることもあります。
当教室にも機関車トーマスの仕掛け絵本があります。
隠れているトーマスやハロルド、おさるさんやライオンなどをめくって探すタイプの絵本なのですが、大人気です。
付属のボタンを押すと鳴き声が聞こえるのもgoodです。
他に、大型絵本で仕掛けがあるものも楽しいですね。
なかなか個人でたくさんそろえるのは大変ですが、最近は図書館にあることも多いです。
近所の図書館で探してみるのもいいかもしれません。


そして、お子さんが椅子に座って過ごせるきっかけになればいいですね。