時間の視覚化に砂時計 - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2019-05-24 19:14:00

こんにちは。
言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

「朝、幼稚園(保育園)にいく準備が遅くて困ってます」
「うちの子、遊びがやめられないんです」

 

このような悩みをよくお聞きします。
例えば、家からお出かけするときに、

 

「家を出る時間だよ!」

 

と声をかけるだけでなく、

 

① 次にすべき行動を視覚的(家を出る場合、お子さんの靴の写真や履く動作の絵カード)に呈示する
② 「長い針がここ(12)にきたら行くよ」と時計を見せ、時間を意識させる
③ 「あと5分だよ」「あと少しで出発だよ」等と、事前に告知する etc…

 

皆さん、あの手この手で時間への意識を持たせようと努力されます。

 

それでもまだまだ時間を守れない、まだ遊んでいたい…
そんなときに、砂時計はどうでしょう。
砂の動きが楽しくて良い!
そして何より、時間を簡単に視覚化できる点が優れていると考えています。
通常の時計よりも砂時計なら「あとどのくらい」がイメージしやすいのです。

 

療育では、

 

「砂が全部落ちたら、粘土あそびはおしまいだよ」

 

等と呈示し、気持ちや活動の切り替えにつなげています。
ご自宅では、

 

「砂が全部落ちたらお出かけしよう」
「砂が落ちたらテレビはおしまいね」
「砂が落ちるまでに着替えてね」

 

等と様々な場面で使えるかもしれません。
今日は砂時計のお話しでした。