様々な“見える化” - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2018-10-30 18:08:00

こんにちは。
言語聴覚士のいっぺいさんです。


「百聞は一見に如かず」というように、視覚情報は私たちにとても重要であるのは言うまでもありません。
療育で取り入れられる視覚支援ツールには様々な物がありますが、私の療育ではこんな取り組みを行っています。

 

 

「スケジュールを“見える化”」

数字や仮名による理解がまだ困難な場合、このように写真・イラストで見通しが立てられるように支援します。
①上から順番に課題が進んでいく
②課題が終わると写真・イラストがなくなる
③全部なくなるとおしまい
これが理解できると、見通しが立てられ安心感を持つことができます。
その結果、療育に取り組みやすくなります。

 

 

「動作を“見える化”」

「椅子に座ってね」
「遊んだ玩具、お片付けしよう」
等の音声言語理解が難しいお子様には、音声言語に加えこのような絵カードを示します。
指示をイメージしやすくなり、できることが増えるかもしれません。

 

 

「ことばを“見える化”」

音声言語表出が少ないお子さんには、言語を視覚化することで表出を促すという方法があります。
お子さまの目の前にこのようなカラフルなボードを置き、1音ごとに手でタッピングします。
例えば「くるま」と言う場合、赤は「く」、黄は「る」、緑は「ま」と1音ごとに区切り、手で色を叩きながら言ってみます。
こうすることで、言葉が色で見えるようになりました。
いろんな言葉で遊んでみよう。

 

他にもたくさんの“見える化”ができると思います。
“見える化”で視覚支援、やってみましょう!