個別から集団へ - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2018-05-09 23:20:00

こんにちは。

言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

今日はグループ療育の日でした。
集団生活に移行するステップとして、大きく以下の3つがあります。

 

①大人と1対1の個別療育
②子ども数人のグループ療育
③保育所や幼稚園での集団生活
 

徐々に子どもの人数が増えていき、大人のフォローが薄くなります。
大人は子どもの言動の意図をくみとることができますが、子どもは他者意図理解が難しい場合が多いのです。
子どもにとっては大人とのコミュニケーションより、子ども同士のコミュニケーションの方が難しいのです。
当教室には、様々な理由で集団活動に困難さを持つ子どもたちが多くやってきます。
そんな中、私が個別療育を担当していた(いる)子が3名、この春からグループ療育に挑戦してくれています。
徐々に集団活動に入っていけるよう、引き続きサポートしていきたいと思います。