運動あそび - 岡山市 指定 児童発達支援 きもちとことばのはぐくみ教室

ごあいさつ

お知らせ

2018-04-18 18:30:00

こんにちは。

言語聴覚士のいっぺいさんです。

 

 

こちらはグループ療育で行っている運動サーキットのセッティングです。
トランポリン、マット、滑り台、平均台、トンネル等が並んでいて順々に遊びます。
次々と遊具が変わっていくので、飽きる暇なく夢中になって遊べます。
とても楽しい遊びですが、それだけではありません。

 

1,遊具に合わせて身体を動かすこと
運動が苦手な子どもにとっては、楽しみながら全身を使う粗大運動ができるいい機会です。もちろん怪我には気をつけます。

 

2,順番を待つこと

人気のトランポリンや滑り台は時に待ち時間が生じます。集団活動が苦手な子どもにとっては、自分中心ではなく他児の様子を気にかける練習になります。

 

3,ルールの変更に応じること
途中で逆回りをしてみます。混乱せずに対応できるかな。適応が難しい子どもには「途中から逆まわりするよ!」と事前に伝えておくといいかもしれません。

 

すぐにはできなくても、徐々にできるようになって練習していきましょう。
グループ療育では、サーキット遊びの後にごあいさつ、集団での様々な活動、グループ制作等を行います。

グループ療育はまだ空きがございますので、ご希望の方は是非一度お問い合わせください。